今が旬♪ 1日1個のリンゴで医者いらず!? 


いつも えん のブログをお読みくださり、ありがとうございます♪









今回は  「 今が旬♪ 1日1個のリンゴで医者いらず!? 」




今回は今が旬のリンゴについて



リンゴはとても種類が豊富です。

フジ、サンつがる、ジョナゴールド、紅玉

などは有名どころです。




リンゴ狩りで見つけた種類で

私が美味しいなと思った品種は

「秋映え」
「シナノスイート」

「陽光」

です。




どれも少しずつ甘さや酸味、食感が違って

リンゴって奥深いんだなと思いました♪




みなさんはどの品種のリンゴが好きですか?







「1日1個のリンゴで医者いらず」

ということわざがある通り

リンゴは健康に優れた栄養成分を多く含んでいます。




他の果物に比べて

栄養素的にずば抜けて豊富な物はないのですが

バランスよく 体に必要な

ビタミン、ミネラルが含まれていることが

大きな特徴といえます。




他に 疲労回復に役立つと言われる

クエン酸やリンゴ酸を含んでいます。




「リンゴポリフェノール」というものも含まれていて

期待される効果として




老化を防ぐ効果の期待

血液サラサラ効果の期待

血流の改善の期待

口臭の予防の期待

抗アレルギー効果の期待

美白効果の期待




など女性には嬉しいものが多くあります。




リンゴが お腹にいいことを聞いたこともあると思います。

これは水溶性食物繊維のペクチンの仲間

「アップルペクチン」のおかげです。




アップルペクチンは

腸内の善玉菌(乳酸菌)を増やして

腸の調子を整える・腸内の有害物質を吸着して

一緒に体外へ排泄する働き優れていると言われています。




リンゴポリフェノールやアップルペクチンなどの栄養素は

リンゴの皮部分に多く含まれています。




皮をむかずに食べるのが理想ですが

農薬やワックスなどが心配ですよね。




無農薬のリンゴが手に入れば 言うことなしですが

なかなか手に入らないのも現状です。




我が家ではそのような時

農薬落とし専用のホタテパウダーがあり

普段はそれを愛用しています。


1本あれば果物もお野菜も お肉やお魚まで洗えて

とても便利です♪




これでリンゴ洗い

いただいています。




リンゴの栄養素は

熱に弱いため

加熱せず、そのまま生でいただくのが オススメです。







普段のお菓子をリンゴに変えると

ダイエット効果も期待できるでしょう。




生の食材は体を冷やすとも言われているので

冷えが気になる方は

夜や夕方は避けて

お昼までに いただくようにしてみてくださいね♪





しかし、いくら体にいいからと言って

食べすぎはよくないので 気を付けましょうね。




さて、我が家のリンゴがなくなったので

今から買いに行ってきます♪











今日も最後までお読みくださり、有難うございます

 

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2016年11月11日