食べ物の作られ方を知る

いつも えん のブログをお読みくださり、ありがとうございます♪








今回は、 「  食べ物の作られ方を知る  」




みなさんは、日ごろ何気なく口にしている

食べ物がどのように作られているか知っていますか?




油や塩、醤油、味噌、切り干し大根、干し柿、梅干し、漬物

干ししいたけ、大豆、高野豆腐、海苔、スルメなどなど




日本には四季があるので

有り難いことに

季節ごとにいろんな食材を楽しめます。




何気なく口にしている食材が

どんな作られ方をしているのか 知ることは大切だと思います。




また、昔と今とでは作られ方が違うものもあります。




例えば油。

昔は圧搾機というのがあって

自分の家で育てた種子を炒って

そこへ行き油を搾っていたそうです。




祖父が

「昔はみんなが菜種畑を作っていて

自分の家で収穫して油を搾っていたものなんだ」

と教えてくれました。




今はサラダ油がお店にたくさん 出回っていますが

そのサラダ油がどのように作られているのか。




知ると怖いですが

怖いと思うからこそ

本物を知るということは大切だと思います。




また、本物の味を知るということも大切なのです。

(過去記事:油の選び方




我が家では、ほうろく屋さんの菜種油を使っています。

父は自分で料理をすることが好きで

以前にほうろく屋さんの菜種油をプレゼントしたことがあります。




父がこの油を使った感想は

「懐かしい味がする。

子どものころ食べた味だ。」

と喜んでいました。




このくだりから、先ほどの話を教えてくれたのです。




今は油の話をしましたが

味噌や醤油、塩などの調味料から

保存の効く乾物、漬物など

様々な食材がどのように作られていたのか

今はどのように作られているのか

興味を持つことは大切だなと感じます。




もし興味があれば

お漬物や切り干し大根など自分で作ってみるといいでしょう。




案外売っているものより安価にできたり

反対に、なぜこんなに安価なのか?と疑問に思ったりすることもあるでしょう。

そこから、またいろいろ調べてみると面白い発見があったりするのです。




なぜここまで?

と思う方もいるかもしれません。




なぜなら

口にしたもので体も心もできているからです。




だから、食べるものを見直すことは、大切なのです。




それに疑問に思ったことを人に聞くよりも

自分で調べてみると、忘れにくいです。

納得すると腑に落ちて続けることが出来ます。




食べるものを見直すってこういうことじゃないかなと思うのです。




気になったら調べてみましょう♪





今日も最後までお読みくださり、有難うございます

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2016年12月08日