生姜の成分♪ ショウガオールとジンゲロール

いつも えん のブログをお読みくださり、ありがとうございます♪








今回は、 「 生姜の成分♪ ショウガオールとジンゲロール 」




生姜。




寒い季節になると大活躍の薬味です。

高知県の生姜は有名ですね♪




生姜の旬は9~10月ですが、貯蔵したものも出回っているので

通年食べることが出来る食材です。




鍋や汁もの、中華料理やカレーなど

様々な料理に欠かすことのできない生姜。




実は食べ方によって、その薬効が違うのをご存知でしょうか?







生の生姜に含まれている「ジンゲロール」




生の生姜に含まれている ジンゲロールは

足先や手先、体の表面を温めてくれます。

血流をよくすることで、

体の中の熱を足先、手先、体の表面に送るのです。




手っ取り早く、足先、手先を温めるには効果がありますが

生の生姜ばかり摂っていると

体の中心の体温が奪われてしまうので

冷えが進んでしまうと言われています。










加熱、乾燥した生姜に含まれている「ショウガオール」




生の生姜には、ほとんど含まれていないと言われている

ショウガオール。

生の生姜のジンゲロールが加熱や乾燥の工程で

一部ショウガオールに変わると言われています。




ショウガオールは、体の深部熱を作り出して

体を温めてくれることから

体の中から温める効果があると言われています。




冷え対策としては、加熱、または乾燥させた生姜が有効と言われているのは

こういう訳なんだそうです。







生の生姜ばかり摂っていると、冷えが進むと言われていますが

生の生姜は、その殺菌効果が注目されていて

お寿司を食べる時に添えられているガリ や

かつおのたたき に薬味として使われたりと

目的に応じて、食べ方を変えるといいと思います。







漢方薬にもなっている生姜




漢方薬を構成するための

生薬にもなっている生姜は




「生姜(ショウキョウ)」



「乾姜(カンキョウ)」




があります。





生姜は、ショウガをそのまま乾燥させた生薬で

乾姜はショウガを一度蒸して乾燥させたものです。




どちらもショウガオールが含まれていますが

乾姜の方がより多く含まれています。




生姜より、乾姜の方が価格が高いですが

効率よくショウガオールを摂取することが出来ると言われています。




蒸した生姜を乾燥させるだけなので

家でも作ることが出来ます。




私も、以前紹介したチャイを作る時に

自作の乾姜を使っています。


蒸して乾燥させるだけなので とても簡単ですし

しっかり乾燥させれば瓶などで 長期保存も可能です。

自分で作るので、安心でもありますよね。







生姜について紹介していきましたが

殺菌効果のある方が生の生姜

体の芯から温めるのが加熱、もしくは乾燥させた生姜と

覚えておくといいでしょう。




これから ますます寒くなります。

生姜を上手に使って、体を温めていきましょう♪




※運動をする習慣を付けて

筋肉量を維持、増進することも忘れないようにしたいものですね♪





今日も最後までお読みくださり、有難うございます

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2017年01月06日