ダイエット と おやつ


いつも えん のブログをお読みくださり、ありがとうございます♪









今回は、 「 ダイエット と おやつ 」




ダイエット中。

小腹が空いて、仕方がない。




けど、食べるのは罪悪感が…




次の食事まで我慢できるなら

我慢した方がいいですが

「どうしても!」という時って ありますよね。




そんな時、もし食べることを選んだのなら

「おやつの種類」 を選びましょう。




おやつを選ぶときのポイントを上げていきます♪



ポイントその1 


カロリー量ではなく糖質量(炭水化物量)です。




カロリー=自分の脂肪が増えるというのは間違いです。

脂肪が増える大きな原因は糖質です。

糖質量を気にして おやつを選ぶといいでしょう。




糖質量が どの程度か知りたいときは、

商品の「栄養成分表示」という項目を見てみるといいでしょう。

 

(ここの部分ですね♪)


ポイントその2 


糖質量が低いからと、

人工甘味料を選ぶのはナンセンスです。

人工甘味料は、健康面の懸念が指摘されています。




また、甘味を感じることでインスリンというホルモンが出てくるのですが

これは、血糖を体に害がない値まで下げてくれるホルモンです。

しかし、インスリンが出過ぎたり、働き過ぎることで

血糖が一定以下になると 空腹感を感じるようになります。




インスリンは糖を脂肪細胞に蓄える役割もあるので

ダイエットのつもりが逆に太ってしまうなんてことも…。




ダイエットが成功しても、

健康を損なったり、反対に太ってしまっては本末転倒ですよね。




人工甘味料は言葉の通り人口に作られた

自然界に存在しないものです。




ダイエットだけでなく体のためにも、

人工甘味料は、避けるようにしましょう。




オススメのおやつは?


私は普段、間食はほとんどしませんが

小腹が空いたときには 好んでつまむものがあります。




それは スルメ、ナッツ、煮干しなどです。

この3つは、糖質量が少ないうえに

体に嬉しい、たんぱく質、ミネラルなどの栄養が入っているからか

とても 美味しく感じます。




このような自然のものは、よく噛まなくてはいけないものが多いので

少量で満足感が得られるのも嬉しいです。










冒頭でも お話したように

次の食事まで 待てるのならその方がいいですね。




また、一度 自分に

「お腹が空いているのか、口さみしいだけなのか」

を問いかけてみるのも むやみな間食を防ぐ手段にもなると思います。




それでもやはり 小腹が空いているなぁ…

と 感じるなら

これまでお話したような おやつの選び方をしてみましょう♪

今日も最後までお読みくださり、有難うございます

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2017年04月19日