食事は体も心も作っている



食事は体も心も作っている

自然to笑顔 まぁるくつなぐえん
看護師の井川あやかです♪

日々のコツコツとした積み重ねで
私たちの体や心を作ってくれている食べ物。

現代人に足りないと言われる
ミネラルやビタミン、タンパク質は
ぜひ、気をつけて取り入れて欲しいなと思います。

これらが不足すると
イライラしやすくなったり
集中力が続かなくなったり
ソワソワしやすくなったり
体力が落ちたり
しやすくなると言われています。

これは、子どもも大人も同じです。

ビタミン、ミネラルを取り入れるには
『※まごわやさしい』を意識した
食事を取り入れると良いと言われています。

他に調味料のお塩を天日塩に
お醤油やさしい味噌などは昔ながらの物に
顆粒だしではなく、鰹節や昆布、干し椎茸などを使いお出汁をひいたりしてもいいですね。

タンパク質は血や筋肉にもなる大切な栄養素です。
どんな風に育てられたのか
どんな餌を与えられたのか分かる
肉、魚介類、卵を選ぶといいですね。

そしてもう1つ大切なことは
この大切なミネラル、ビタミン、タンパク質を
体の外に出してしまう
砂糖などの甘いものを毎日のように取らないこと。

特にこれから心も体も育つお子さんには
このような点に気をつけていけるといいですね。

しかし、息が詰まっては食事作りも楽しくないので
楽しみや息抜きも上手に取り入れながら
体づくりに大切な食事を作っていけるといいなと思います。

※まごわやさしい
ま(豆類)
ご(ゴマなどの種子類)
わ(ワカメなどの海藻類)
や(野菜類)
さ(魚介類)
し(シイタケなどの菌床類)
い(芋類)

今日も最後までお読みくださり有難うございます♪

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2017年05月11日