使ったものが戻ってくる



使ったものが戻ってくる

心の相談専門
精神保健福祉士の井川寛之です

いきなりですが
ゴミってなんでしょう?
自然界の中で
ゴミを作り出すのは
人間だけ・・・

そのほかの動物は
自然の中のものを利用し
自然の中のものを食べて
自然の中のものを排泄すると
その排泄物すらも分解していく・・・

そう考えると
ゴミを作ってるのは人間だけだと思うのです。

ゴミというか
不自然なものを作ったり
不自然なものを食べたりして
不自然なゴミができたり
不自然な排泄物ができる・・・

そしてそれが溢れる

そして
そのゴミに
人間自身が苦しめられている。

これを考えると
自分だけが
社会毒を避けたり
自分だけが
無農薬野菜を食べたり作ったり
自分だけが
自給自足したりしても

結局そこら中にゴミがあふれていて
そこからまた
人間に戻ってくる

例えばなるべく不自然なものの
影響を受けないようにと
無農薬無肥料野菜を作ったとしても
その土の中には必ず
不自然なものがどうしても含まれてしまいます。
それは水として川から流れてくるかもしれないですし
雨として空から降ってくるかもしれません。
ドックフードを食べている犬が畑におしっこをするかもしれません。
それを無農薬無肥料と言って食べても
結局量の差こそあれ
人間に戻ってきてしまうと思うのです。

原発もそうですよね・・・
結局封じ込めることはできずに
自然の循環で人間に戻ってくる。

だから日頃使うものが
どんなゴミになるのか考えることって
自分の健康のためとか
自分の生活のためだけじゃなくて
人間にとって大切なことなんだと思います。
それが結局人間に戻ってくるわけですから

そう考えると
やっぱり普段使うものは
考えて選びたいなーと思います。

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2017年05月15日