科学的根拠よりも予防が大切!

 

 

科学的根拠よりも予防が大切!

心の相談専門
精神保健福祉士の井川寛之です

中日新聞の
平成31年4月13日付の朝刊の記事で
5Gの電磁波被害についての
記事があったのですが

電磁波の規制について
欧州の方が厳しいことに触れて
東北大の本堂准教授の言葉として
「科学的にはっきり分かっているレベルだけを規制して、よしとする日本と、まだ証明されていないレベルも予防原則で対処する欧州の違いだ」
と書かれていました

これは私も欧州の考え方に賛成です。
というか普段からこう考えています。

例えば
砂糖や添加物
農薬の問題や
遺伝子組み換え
トランス脂肪酸や
放射能
もちろん精神薬も

全てのこと言えると思いますが
「国が規制していないから安全」
と考えるより

安全じゃない
危険だとも言われているなら
とりあえず
可能な範囲で
やめてみる

そんな風に考えるわけです。

SNSでは
一般的な常識ではない
発信をしている
アカウントに対して
すぐに

「科学的根拠は?」
「国が認めているのになんでだ」
みたい話になったり
「放射脳」
なんて言われたりしますが

危険である可能性があるのに
わざわざそれを選択しなくても
他の選択肢があるなら
そっちを選べば良いと思うのです。

だから
〇〇が安全か危険かを
科学的に判断して
どっちか白黒つけるというよりは

白黒ついてなくても良いから
危険そうなのはやめておく

私は
そんな考え方をしています。

最初は安全と言われていたものが
危険でした
ってなることなんて
よくあることで

そんなときに
国や製造者が責任なんて
取ってくれません。

そもそも責任取れませんからね。

責任は何事も
自分で引き受けることになりますから・・・

あなたはどうしますか?


LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2019年04月15日