体調不良の時

今回は「体調不良の時」



今年の夏は暑くなったと思ったら
とても涼しくなったりよくわからない天気が続いていますよね。


こんな気候が続くと体調を崩す人も
いらっしゃるのではないでしょうか?


健康なのが一番ですが
もし体調を崩してしまった場合
安易に薬に頼るのではなく
自分の免疫力を高めるために
しっかり休み、食べないようにすることも
対策のうちの1つだと言われています。




体の中で一番エネルギーを使うのは
実は消化することと言われています。


免疫力を高めるためにも
治るまでは絶食することもいいようです。


お腹がすけば無理のない範囲で
お腹の負担にならないものを
少量ずつ様子を見ながら食べてもいいと思います。


ただし、水分、ミネラルはしっかりと
とりましょう。


沸かしたお茶に天日塩を入れれば
水分とミネラル両方取ることができます。


あとは無理せずゆっくりと休んで
体の免疫力のお手伝いをするよう努めるのがいいでしょう。



しかし、
水分が取れない
ずっと吐き戻す
高熱が何日も下がらない
意識がない
など、明らかにおかしいなと感じる場合は
信頼のおける医療機関の受診をすることも考えましょう。




病気にかかりにくくするためには
日頃の免疫力を高めるよう意識することが大切です。


それには、どうしたらいいのか。


日頃の食と生活習慣を見直しましょう。
これは健康だけでなく美容にも通じることだと言われています。


美と健康を保つためにも
日頃から食と習慣を意識していきましょう


そして、元気よく日常を過ごせることに感謝することも忘れないようにしたいものですね(*^^*)

今日も最後までお読みくださりありがとうございます

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2016年07月29日