脂質はダイエット、美容、健康の強い味方!脂質はカットしてはいけない大切な栄養素かも!?

 

 

脂質はダイエット、美容、健康の強い味方!脂質はカットしてはいけない大切な栄養素かも!?

タンパク質、炭水化物と並ぶ
三大栄養素のうちの1つである脂質。

「油」「脂質」と聞くと、太りそうな気がして
思わず避けたくなる気持ちになる方もいると思います。

しかし、三大栄養素に上がるだけあって
脂質は、身体の中で大切な仕事をしてくれる
決して避けて欲しくない栄養素なのです。

【脂質の主な役割】
1:身体に蓄えられ、必要に応じて分解されエネルギー源となります。
タンパク質や炭水化物が作り出した熱を維持し、
体温調節や身体を動かす力の元になります。
少量の脂質で多くのエネルギーを得ることができます。

2:細胞膜や脳神経組織を作る材料になります。

3:身体に指令を出すホルモンの材料になります。
女性ホルモン、男性ホルモン、成長ホルモンなどなど。

4:皮膚表面の皮脂のおかげで、身体の中の水分が蒸発するのをふせぐことで
身体の水分バランスを保ちます。
皮脂により細菌などから皮膚組織を守ってくれます。

5:脂溶性ビタミンと言って、脂質がないと働けない
大切なビタミンを運んだり吸収したりする働きをしています。

脂質が不足すれば

肌ツヤが悪くなる
ホルモンバランスが乱れやすくなる
脂溶性ビタミンを運んだり吸収できないので栄養不足に陥りやすくなる
脳神経組織を作る材料が不足することから抑うつ傾向になる心配がある
疲れやすくなる
冷えやすくなる

などの心配も出てきます。

じゃあ、脂質を取ればいいのね!
と、安易にジャンクフードなどに
走るのはやめておいた方がいいでしょう。

というのは、例えば。
これから家を建てようと思います。
質が良く、住み心地も良い家を建てるには
質の良い材料と
家を建てていく過程で建築屋さんたちに必要な指示を出すしっかり者の現場監督さんが必要です。

もし、この時点で
材料が家を建てるのには役にも立たないものだったり
現場監督さんがアベコベのヘンテコな指示を出すような人だとしたら
質の良い住み心地の良い家が建つとは思えませんよね。

【脂質の主な役割】でも上げたように
脂質は、細胞1つ1つを作る材料になったり
ホルモンを作る材料、また身体を動かすエネルギーとなる
「身体の材料」になるものです。

身体づくりには欠かせない脂質だからこそ
質には気を配っていきたいものですね。

そのためには
昨今、話題にも上がるトランス脂肪酸や
酸化した油などはできるだけ避けて
質の良い脂質を取るよう心がけていきましょう♪

そのための対策として我が家は
炒め物の敷き油は、ほうろく屋さんの菜種

お魚は産地もはっきりしていて、魚の形をした魚をその場でさばいてくれる魚勝さんを利用したり

お肉は餌やホルモン剤、抗生剤などをなるべく使用しないお肉を選んだり

お財布の関係でどうしても毎日完璧にはいきませんが
我が家なりに、できる限り気を配るよう心がけています。

ダイエット、美容、健康など
身体にとって大切な脂質。

怖がって避けすぎないよう
また、できるだけ質の良いものを
日々取っていけるといいですね♪


今日も最後までお読みくださりありがとうございます♪

自然to笑顔まぁるくつなぐ えん
看護師の井川あやかでした♪

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2017年06月26日