痩せグセはつかないけれど、子どものおやつにオススメレシピ♪きな粉とゴマの砂糖なしクッキー♪

 

 

痩せグセはつかないけれど、子どものおやつにオススメレシピ♪きな粉とゴマの砂糖なしクッキー♪

クッキー。
美味しいですよね。

市販のクッキーで気になるのが
身体にいいとは言えない
お砂糖や添加物。

また、クッキーに使われる油も
トランス脂肪酸たっぷりのものだったりと
子どもが口にするなら
なおのこと
気にかけていきたいものばかりです。

せっかく夏休みでもあるので
家で簡単手軽に
お子さんとクッキーを作ってみてはいかがでしょう??

今回は、小麦粉やお砂糖は使わずに
きな粉、ゴマ、レーズン、バター、豆乳を使ったクッキーを紹介していきます♪

きな粉はタンパク質や鉄が多く
ゴマは質の良い脂質や強い抗酸化力を持つことから
おやつにはもってこいの食材です。

きな粉とゴマの砂糖なしクッキー

材料
・きな粉…55g
・白ごま…カレースプーン2杯
・バター…25g(我が家は四つ葉さんの発酵バターを使用しました)
・レーズン…カレースプーン山盛り2杯
・豆乳…カレースプーン1〜2杯

作り方
1:バターを計り室温に置いておく
2:きな粉を計りボウルに入れる
3:きな粉の上に白ごまを入れる(すりごまにして入れると、ゴマの栄養が吸収しやすくなり、香りも良くなります)
4:レーズンを2に入れる(お好みでレーズンを細かく刻んで入れてもOK)
5:バターを3に入れてよくこねる
6:水分が足りなければ適宜豆乳で生地の固さを調整する(カレースプーン1〜2杯から様子を見ながら入れる)
7:オーブンを160度に予熱しておく
8:手で生地を形成する
9:予熱が完了したら、13分〜14分焼く
10:焼き上がりすぐは生地がほろほろなので、生地が冷めるまで待って出来上がり♪

各家庭のオーブンのクセを見ながら様子を見て焼いてください。

今回はレーズンを使いましたが、イチジクやクランベリーなどのドライフルーツでも美味しくできると思います♪

甘みが足りないかも?と思う方は、お砂糖の追加ではなく、
天日塩をひとつまみ入れると、レーズンの甘さが引き立てられます。

お砂糖なしのクッキー、
この夏休みに、ぜひお子さんと一緒に作って見てくださいね☆

今日も最後までお読みくださり有難うございます♪

自然to笑顔まぁるくつなぐ えん
看護師の井川あやかでした♪

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2017年07月31日