現実から目を逸らさない方が良い

 

 

現実から目を逸らさない方が良い

心の相談専門
精神保健福祉士の井川寛之です

今日は例え話から

とてもお洒落で
自分にも似合ってて
高かったけど
とても氣にいっている服があったとします。

それがある時
背中に
大きな穴が空いてしまったとします。

見たくないですよね?
悲しいですよね?

でも
これから目をそらして
その服着ることができますか?
お尻が見えてしまうかもしれませんが・・・

基本的には
悲しいけれど
もう着られないですよね
もしくは補修したりする必要がありますよね。

色々な情報も同じです。
見たくない
知りたくない情報というのもあると思います。

でも
それをそのままにしておいて良いですか?
補修したり
新しい知識に入れ替えたり
しなくて大丈夫ですか?

見なくないから
知りたくないから

でも・・・
氣になる

氣になるなら
知ってしまった方が良くないですか?

それは実は
背中の穴かもしれません。
知らないとお尻を出して
歩いていることになってしまいます。

知っていても
知らなくても
見ないようにしても
見たとしても
穴は穴

早めに現実を受け止めて
補修したり
新しいものにした方が
よくないですか?

あなたは
ずっとお尻を出して
歩きますか?


LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.htm

2019年05月21日