痩せグセがつくダイエットレシピ「鶏肉ときゅうりのさっぱりゴマサラダ」

 

 

痩せグセがつくダイエットレシピ
「鶏肉ときゅうりのさっぱりゴマサラダ」

暑い日が続いていますね。
こう暑い日が続くと、食欲も落ちがちになったり。

鶏肉は、糖質もなく
部位によっては脂質も少なく
良質な蛋白質を豊富に含んでいる食材です。

消化、吸収が良いと言われていて
身体が弱まっているときや
病後の体力強化にもおすすめな食材とされていて
暑い夏の時期にもってこいであるとも言えます。

そんな鶏肉と
夏のお野菜代表でもあるきゅうりを使った
さっぱり食べれる痩せグセもつくレシピを紹介していきます♪

「鶏肉ときゅうりのさっぱりゴマサラダ」

材料(4人分)
・鶏胸肉…1枚
・きゅうり…1本
・天日塩…きゅうりの重さの1%
・酢…大さじ3
・醤油…大さじ4
・ごま油…大さじ1
・亜麻仁油…小さじ1
・炒りごま…お好みの量

作り方
1:鶏胸肉を茹でる
(時間はかかりますが、余熱で中まで火を入れるとしっとりします。夜用に作るなら朝仕込むなどしておくと楽です。)
(お肉1枚丸ごと茹でると時間がかかるので、大きくぶつ切りしてもOK)

2:きゅうりをよく洗い、食べやすい大きさに切って、天日塩を揉み込み、10〜15分ほど待つ

3:鶏肉が茹で上がったら、先ほど切ったきゅうりと同じくらいの大きさになるよう手で割く

4:きゅうりから出た水をよく切る

5:ボウルに鶏肉ときゅうりを入れて、酢、醤油を入れ手でよく揉み込み味が染み込むよう最低5分は寝かす。
(余裕があれば30分ほど寝かすと良い)

6:食べる直前にごま油、亜麻仁油を入れてよく混ぜる

7:盛り付け、炒りごまをすって上からふりかける

出来上がり♪

ごま油の香りが食欲をそそります。
オメガ3が豊富な亜麻仁油も一緒に入れていますが、香りに癖があるので、入れすぎないようにするのがコツです。

常備菜としても活躍してくれます。
その場合は、冷蔵庫で保管し、2〜3日以内に食べ切ってください。

今回は胸肉を使いましたが、お好みでモモ肉やササミに変えても大丈夫です。

香りづけの油や飾り用のゴマは、酸化しないよう、食べる直前に和えたり、かけることをオススメします。

辛いのが好きな方は、お好みで一味や七味などの辛味を加えても美味しくいただけます。

醤油や酢は本来健康的な発酵食品です。ミネラルや天然の旨味をたっぷり含んだ昔ながらの造り方をされたものを厳選していきましょう♪

暦の上ではもう秋ですが、暑くて食欲が落ちがちなこの時期。
天日塩とタンパク質を意識したレシピで残暑を乗り切っていきましょう♪

今日も最後までお読みくださり有難うございます♪
自然to笑顔まぁるくつなぐ えん
看護師の井川あやかでした♪

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2017年08月10日