叱られてもめげない息子に素直に聞いてみた

 

 

叱られてもめげない息子に素直に聞いてみた

私は子どもの頃、
母親の顔色ばかり伺って
自分の思いを口に出しては来ませんでした。

なんでそうなったのか。

大きなきっかけのような事がドカーンと起こったとかではなく、
毎日の積み重ねによるものです。

考えたこと
やってみたい事

また、これってどう思う?
と聞かれた事に対して
自分はこう思う

と伝えても

母親の思うような答えでなければ
「それは違うよね」
と否定されたり
(じゃあ聞かないでよ!と思った事が何度あったか(笑))

場合によっては機嫌を損ねて
しばらく不機嫌丸出しで口を聞いてもらえない

などの日々の積み重ねからです。

実は、親とのことを克服するまでは、
親に刃向かうとか
親の思い通りの答え以外出すとか
私の中では思いつかない選択でした。

そんな私には息子が1人います。

息子は、優しい面もあるんですが
それと同じくらい、とっても負けん気が強い子です。

特に親である私には、思ったことを
ズバァーーーっ!!!
っとオブラートに包むことなく伝えて来ます。

場合によっては切れ味が抜群に良く(笑)
図星を突いてくることもあって
図星なだけにイライラ〜…っと来ることも
多々あるんです。

これはやったらあかんな、って事には
説明や根拠を添えて伝えたり、諭したり、時には叱ったりもします。
が、普段は息子の言い分を聞くようにしています。

(話を聞くのは、私より主人の方が何倍も上手いです。
主人は、「それが仕事だから当たり前」と言いますが、
私には真似できない芸当なので心の底から羨ましい思いでいっぱいです。
その証拠に息子に聞くと
「お母さんはすぐ怒る」と言います(笑)
子どもはよく見てます…精進します。)

昔の私と
私の息子。

正反対と言ってもいい私たち。

なぜそんな素直に自分の思いを言えるのか。

息子に聞きたくなり、素直に聞いてみました。

私「ねぇねぇ、聞きたいことがあるんだけど」

息子「なに?」

私「お母さんね、子どものころ、自分のお母さんが怖くて、
息子君みたいに何か叱られだ時に言い返したり
思ったことを伝える事ができなかったんだよね。
今は怖いとか思わないけどね。
でね、なんで息子君はちゃんと自分の思ったことをお母さんに伝えることができるの?」

息子「えっとね、叱られた時、僕も間違ってるけど
僕だけが間違ってるんじゃないよってちゃんとお父さんとお母さんに伝えたいから言うんだ」

正直答えが返ってこないかもと思っていたので、こんな答えが返って来るとは!とびっくりしました。

叱られてもめげずに言い返していたのは
そんなことを考えていたのか!と
感心したのと同時に、
私が子どもの頃になかった感覚を息子は持っていて
思った事がスパーンと言えるというのは
羨ましいなとも思いました。

息子との関わりで
まだまだ感情的になる部分もあるんですが
息子から教えてもらった
「叱られても思ったことを伝える理由」
をもっと考えていかないとなと
気付かされた出来事でした。

それと、子どもにはできて
親である自分にはできない事があるなら
子どもに素直に聞いてみるといいかもしれません。

相手は気まぐれな子どもなので返事があるかどうかは分かりませんが
素直に生きるヒントがもらえるかもしれません。

今日も最後までお読みくださり有難うございます♪

自然to笑顔まぁるくつなぐ えん
井川あやかでした♪

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2017年08月16日