何となく、心に元気がない・・・。うつっぽさの原因は食事だった!?

いつも えん のブログをお読みくださり、ありがとうございます♪




今回は「何となく、心に元気がない・・・。うつっぽさの原因は食事だった!?」




私も経験のある、うつ病。




うつ病とまではいかなくても、

なんだか意味もないのに落ち込む

よく分からない焦燥感

自己嫌悪感

イライラ

ジッとしていられない




などなど。




特に女性は生理前に多いと思うのですが

そうでなくても、心に余裕がない感じで悩まれていませんか?




もし原因となる心当たりもなく

悶々とされていませんか?




そういった場合は

まず、食を見直してみてはいかがでしょう。




うつっぽさは、脳の栄養不足が原因ともいわれています。




心(脳)を作る神経伝達物質は主に

たんぱく質(アミノ酸)から出来ていると言われています。




たんぱく質と言っても

植物性と動物性があります。







トリプトファン、メチオニンなどは
動物性たんぱく質に多く含まれていて

動物たんぱく質は、「うつ」に対抗する強力な栄養素といっていいそうです。







実際に私はうつ病の時、

パンや麺、お米やお菓子類などの

炭水化物や甘いものばかり食べていました。




お肉は太るからと敬遠していましたが

今よりあの時の方が8キロ太っていましたし

イライラや自己嫌悪感、

焦燥感、集中力のなさ、不眠などもひどかったです。




しかし、焼き肉などのお肉類を思う存分食べた次の日は

心の調子がいつもより上がっていたことを覚えています。







動物性のたんぱく質(アミノ酸)には心の調子を整えてくれる

栄養素の含まれているものが多いと言われています。




トリプトファン、メチオニンなどのたんぱく質(アミノ酸)は

体の中では合成できないため

食事から取ることからしか補給できない栄養素で

「必須アミノ酸」と呼ばれています。

動物性のたんぱく質には

この必須アミノ酸が多く入っていると言われています。




動物性たんぱく質(お肉)には、脂肪も含まれていますが

この脂肪は悪者ではなく、ホルモンの材料にもなる

大切な栄養素であると言われています。




ホルモンの調子も整ってくることで

生理前のイライラや不安感などの生理前症候群に対しても

いい方向へ進むことがあるかもしれません。








もし、うつっぽくて心の調子が整わない方は

動物性のたんぱく質を食事に取り入れてみてはいかがでしょう?







ただし、これには注意点があって

砂糖などの甘いものは断つことが大切だそうです。




なぜなら、甘いものは心の栄養に必要な

栄養素を体の外に出してしまうと言われているからです。




せっかく補給した栄養素を外に出してしまわないためにも

甘い物を断ちながら、動物性のたんぱく質の補給を

行ってみるのもいいかもしれませんね。







えん では、生理前のうつっぽさや

イライラ、焦燥感などに悩む方のために

ご相談を承っております。

まずはLINEにご登録いただいて
無料のお試し面談などのご利用をおすすめします。
他にも特典があります。

LINEの詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

今日も最後までお読みくださりありがとうございます

2016年08月12日