自己決定の大切さ

 

 

自己決定の大切さ

心の相談専門
精神保健福祉士の井川寛之です

自分で決める
自己決定

これはとても大切だと思います。

これは援助者側が
責任を逃れるためのものとも
思われるかもしれませんが
実は違います。

というのは
何かを選択したその結果は
必ず出ます。

その結果に対して責任が取れるのは自分だけなのです。

例えば
手術をするかどうか迷ったけど
医師にも勧められたし
手術をすることにした。

そしたら医療ミスが起こって
障害が残った。

とします。

訴訟をして医師や病院からお金はもらえるかもしれませんが
障害が残ったという結果は変わりません。
そして医師に勧められたからといっても
選択したのは自分です。
拒否することもできたのです。

障害については
お金をもらってもなくなるわけではないですよね?
これについては
どうやっても自分自身のことで
自分自身がそれを背負って生きていくことになるのです。

だから決めることを
人任せにしてはいけないのです。
自分で決める♪
何事も自分で決めれば良いのです♪

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2017年09月22日