オススメ図書の紹介 「大笑い!精神医学」

いつも えん のブログをお読みくださり、ありがとうございます♪




今回はオススメ図書の紹介で

「大笑い!精神医学」

 

 



著者 : 内海 聡 医師

漫画 : めんどぅーさ 氏







この本は、私が断薬するときに

2番目に読んだ本です。




精神病というものが

どのように「作られたのか」




心に効くとされている薬が

本来どのような物なのか




精神科の発祥は・・・




など、とても分かりやすく書かれています。







うつ状態は様々な理由があって起ると言われています。

しかし、うつ病という病気は存在しないそうです。




うつで、3年間薬を飲んで、自力で断薬した私も

「うつ病はない」と今は思うのです。







病気ではなく

何かしらの理由があってそのような状態に

なっているだけに過ぎないのではないでしょうか?




うつ状態というのは本当に辛いものです。

しかしここから抜け出せるのは

自分しかいないのです。




抜け出すために必要なのは

自分を犠牲にして我慢して頑張ることではありません。




今の自分を良いところも嫌なところも

「自分にはこういうところもあるんだな」

とただ認めてあげることから始めることが大切だと思うのです。




そうでないと

いい子の自分は〇で

そうでない自分には×をつけることになるので

自分を一部否定しまうことになるからです。




良いところも悪いところもあって

いいんじゃないのでしょうか?




だってそれが自分だもの。




それに良いところ、悪いところって

誰かが決めるのではなく

自分が良しとすれば、いいのではないでしょうか?







考えても嫌だなと思ったら

そういう自分もいるんだと認めて、受け止めてあげてから

直すようにしていくといいかもしれませんね。




話が脱線してしまったので

戻します。







精神科で使われる薬が本来どういうものであるのか

そもそも精神科とはどういうところなのか

心の病のチェックリストはどういうものなのか




などを知ることです。




それが書かれたのがこの本です。




他にも発達障害とは?

精神医学の歴史

減薬事に気を付けること

失敗しない減薬・断薬のために




など、ためになることだけでなく

耳の痛いことも書いてありますが

知らないことの方が怖いと思うのです。







自分がこれから減薬、断薬に挑む

もしくは挑んでいるという方




家族に断薬を応援したいけれど、

どうしたらいいのか知りたい方




「心の病に薬はいらない!」

と併せて読むことをオススメします。




「心の病に薬はいらない!」図書の紹介はコチラ








今日も最後までお読みくださりありがとうございます

 

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2016年08月25日