目標を作る時の注意点

 

 

目標を作る時の注意点

心の相談専門
精神保健福祉士の井川寛之です

何か目標を作る時
なんでも良いです

例えば・・・
落ち込まずに
悩まずに生活したい
とか

あの人から好かれたい
とか

職場でうまくやっていきたい
学校でうまくやっていきたい
とか

なんでも良いのですが
そういった漠然としたものがあると思います。

でも・・・
それを目標にすると
うまくいかなくなった時に
心が折れます。

どうしてかというと
自分でコントロールできるものではないから

落ち込むか落ち込まないかは
何かの出来事によるでしょうし
あの人から好かれたいは
あの人次第

職場や学校でうまくやるのも
他の人次第の部分もあります。

そうではなくて
例えば
職場でうまくやっていくためには?

・朝挨拶をする
・なるべく笑顔でいる
・人が嫌がる仕事を1日1つする
など

こんな感じで
具体的にかつ
自分が頑張ればできることを
目標にすれば良いのです。

そしたら
1日が終わった時に

今日は朝挨拶できなかったな
明日は頑張ろうかな
とか

挨拶できたから
明日も挨拶しよう
とか

できたができなかったか
やれたかやれなかったか
評価できますので
モチベーションに繋がります。

これが
職場でうまくやっていくを
目標にすると

今日はもめ事もなくなんとかすごせた
けど・・・
明日はどうなるだろう・・・・
とかになってしまいます。

というわけで
目標は自分でコントロールできることにする♪

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2019年07月25日