子どものおやつにズボラさんでも簡単にできる!手作り干し芋レシピ

 

 

子どものおやつにズボラさんでも簡単にできる!手作り干し芋レシピ

秋終盤に収穫されるサツマイモ。

サツマイモは、収穫してすぐに食べるよりも
時間を置いて食べた方が甘みが増すと言われています。

つまり、この時期のサツマイモは甘い事が多いのです♪

サツマイモの栄養は
ビタミンE
ビタミンB6
葉酸
パントテン酸
ビタミンC
カリウム

など。

これらは、サツマイモ約200gで
1食分に必要な量の、ビタミンやミネラルが含まれているそうです。

そんなサツマイモですが、
ふかし芋にすると
思いの外、お腹にドッシリ来て
食べ残してしまうことってありませんか?

そんな、食べ残しのサツマイモを干す事で
昔ながらの保存食が出来上がるんです♪

そう、【干し芋】です。

干し芋にすることで
カリウムや鉄分がアップしたりと
ふかした状態よりも
栄養価がアップするものもあると言われています。

作り方もとても簡単で
ふかしたサツマイモを干すだけです。
レシピもへったくれもないんですが
押さえておくといいコツがあるので紹介していきます♪

「手作り干し芋」
材料
サツマイモ…中1本

道具
乾物ネット、または竹ザル
(両方ともない場合は、大きめのザル)

作り方
1:サツマイモをよく洗い、食べやすい大きさに切る

2:サツマイモを水から茹でる(蒸し器で蒸してもいいですよ♪)

3:竹串を刺してスッと通るくらいになったら、ザルにあけてそのまま10分ほど放置
(茹で上がりの熱気で水分を飛ばすため、放置します)
(ここで干さずに食べる分があればよけておく)
(皮を剥きたい方は、熱いうちに皮を剥きます。私は皮付きでも気にしないのと、ズボラなので皮むきをせずに次の行程に進みます)

4:粗熱が取れたら、乾物専用ネットやザルに間隔をあけて並べ、軒下などの風通しの良いところに置く

5:1週間ほど待てば出来上がり♪

工程4で、軒下などの干す場所がない場合。

乾物ネットをかけるところがあれば、お部屋の中でもできます。
この時、
普段暖房を使わない涼しいお部屋に置くのがオススメです。
たまに風を入れてあげるとなお良いです。

ザルを使う場合は、
間隔をあけてザルに並べ
ザルの下に隙間が空くよう
新聞紙などを使い土台を作り干すようにします。
こちらも同じように、1週間ほどで出来上がります。

ザルを使って作る方へ…
ザルを使う場合は、
お部屋に干すのがいいと思います。
なぜなら、カラスなどの鳥につつかれる事があるからです(T-T)
外に干したい場合は、
ガーゼなどの風通しの良い布などでザルをしっかり覆って
風で布が簡単に飛んで行かないようにテープや輪ゴムで止めるなど工夫しましょう。

ザルの下に、隙間を作る事はとても大切です。
私は家の中で竹ザルを使い
干し芋を作ろうとして失敗しました(T-T)
失敗の原因は、竹ザルの下に隙間をあけなかったから。

竹ザルの下に空気が入らないまま干して
4日目に確認のためにサツマイモを持ち上げたら……
納豆のように糸を引いてしまった事があります。

乾物を作る時押さえて置くといいコツは
◆乾燥した季節に行うこと
◆風や空気の通り道をしっかりと確保してあげること
です。

今の時期は、
空気も乾燥して乾物作りにはもってこいの季節。
コツさえつかめば、簡単に干し芋は作れちゃいます♪

栄養価も高く、子どものおやつにもオススメですし
スナック菓子をつまむより
干し芋の方が、体にも優しいです。

ジップロックに入れれば
会社などにも持っていけて
片手でも食べられます♪

ただ、気をつけたいのは炭水化物(糖質)が多いこと。
ダイエット中の方や
予備軍も含め糖尿病の方は
食べ過ぎには気をつけて
ほどほどに楽しむようにしてくださいね♪

今日も最後までお読みくださりありがとうございます♪

自然to笑顔まぁるくつなぐ えん
看護師の井川あやかでした♪

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2017年12月11日