男目線の赤ちゃんがやってきたら

 

 

男目線の赤ちゃんがやってきたら

女の人は赤ちゃんがお腹の中にいる時から
色々大変で
そして生まれたらホッとするのかもしれませんが
その直後から
めちゃくちゃわがままな
いうことを聞かない
でも可愛い生物が常に横にいるわけです。

男性は妊娠中から重いものを持ったりするのはもちろん
生まれた後も
できるだけ育児に参加してください。

というのは決まり切った話ですが
育児に参加する?
って思いますよね。

別に夫がオムツ変えたり
ずっと抱っこしてたりするというような
お母さんの代わりばかりをしなくても良いと思います。

それよりも
奥さんを大切にすること。
いくら可愛くても
一日中わがままな生物と付き合っているので
それはそれは疲れます。

だから奥さんの愚痴などをきいたり
眠くても、仕事が忙しくても
夜寝ない赤ちゃんと奥さんに付き合ったりすると良いと思います。

間違っても
「俺は仕事なんだから早く(赤ちゃんを)静かにさせろ」
とか言ってはいけません。

ほんの数ヶ月です。
仕事が忙しくても
ほんの数ヶ月だけは頑張ってください。

そしたらそのうち寝てくれるようになりますから

その数ヶ月を頑張るか頑張らないかで
もしかすると一生を左右するかもしれません。

数ヶ月頑張って
「あの時は助かったよ」
と一生言われながら過ごすか

数ヶ月の頑張りができずに
「あの時のことは一生忘れない」
と言われて過ごすか・・・

前者は時間と共に忘れられる可能性もありますが
おそらく後者は忘れられずに事あるごとに思い出されるでしょう。

というわけで
数ヶ月頑張りましょうのお話でした。

自然to笑顔まぁるくつなぐ えんの井川寛之でした♪


LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2018年01月04日