待機児童問題

 

 

待機児童問題

よく言われますよね?
待機児童の問題

保育園に入れないし
働けないって
言ってるお母さんがテレビに映ったりして・・・

選挙のたびに
「働くママを応援します」
「待機児童を減らします」
とかそんなことが公約になったりします。

でも・・・
みんなママさんは働きたいの?
なんで働きたいの?
結婚して専業主婦になりたいって思うお母さんはいないの?

もちろん働きたいお母さんもいると思いますし
それは否定しませんが
できたら働きたくないと思っている
お母さんも多いのではないでしょうか?
でも働かないといけないのですよね?
旦那の給料じゃやってけない・・・

これは男女がどうこうとかそういう話ではなくて
もしかりに逆に女性が働いて
男性が主夫をするにしても
同じことが起こるのではないでしょうか?

どちらか一人がしっかり稼げる。
しかもちゃんと休みがあって残業もない。
そんな社会だったら
どちらかが日中子どもの面倒をみることができますし
片親が仕事が終わった後や休日に子どもと一緒じゃできない用事を
済ますことができると思うのです。

そうすると
もしかしたら働く人の待遇を改善した方が
待機児童問題の解決になるのかもしれません。
小さな赤ちゃんが一日中預けられてるってのも
なんか違和感がありますし・・・

自然to笑顔まぁるくつなぐ えんの井川寛之でした。


LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2018年02月08日