当事者同士の怖さ

 

 

当事者同士の怖さ

心の相談専門
精神保健福祉士の井川寛之です

当事者同士だから理解できる
と思っている方がいらっしゃるようですが
良い面もありますが
悪い面もあります。

今回はその
様々ある悪い面の中から
一つをご紹介します。

当事者同士で
アドバイスし合う
そのアドバイスが問題です。

アドバイスした人は
そのようにしていて
良くなっているのか
と言うところです。

もちろん
アドバイスした人も
そのようにしていて
良くなっている途中で
努力している途中なのかもしれません

ただ
逆に
そのアドバイスが
良くなる方向ではないから
今もその人も「当事者」なのかもしれません

何が問題かと言うと
それがどちらか
当事者にはわからないと言うことです。

だから
うまくいく場合もあるとは思いますが
逆の場合も出てくるわけです。

方向性がわからない怖さ
と言うのがありますね。

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2019年07月04日