不自然な食生活

 

 

不自然な食生活

様々な病氣をしたりダイエットをしたいというと
これが足りないとか
これを食べ過ぎているとか
色々言われると思います。

でも少し考えてみてください。
食事で何を食べますか?

例えば目玉焼き
卵はどんな卵でしょう?
抗生物質とか入ってないでしょうか?

それに醤油をかけたら・・・
その醤油は本物ですか?
裏の原材料名を見てくださいね。
醤油って何からできていますか?
他のもの入っていませんか?

などなど
目玉焼きだけでも
人間が最近まで食べなかったようなものが
入っているわけです。

もっと加工されたものなら
もっと入っているということです。

簡単にいうと
余計なものが増えて
大切なものが減っている

栄養不足でもあり
余計なものを取り過ぎているということです。

そのため
余計なもので太ったり
余計なものを消化するのに
大切なものが必要になってしまったりして
足りないものがさらに足りなくなったりもするわけです。

そこで
単純に足りないものを補って
必要ないものを減らすだけで
調子が良くなったりする方もいるので
食べ物って大切だという話になるのです。

本来なら何も考えずに食べていれば
問題にならないと思うのですが
現代では今まで人間が食べなかったものが
どんどん増えています。

それがどんな影響を与えるのかも
不確定なまま食べているわけです。

食べ物を変えれば全て解決するわけではないと思いますし
実際解決しないものもあると思いますが
食べ物で改善する人が多いのは
それだけ今の食生活が
不自然なことをあらわしている氣がします。

何を食べるか食べないか
それは今を生きる上では
とても大切なことだと思うのです。

自然to笑顔まぁるくつなぐ えんの井川寛之でした。

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2018年03月14日