天日塩ってなに?

今回は「天日塩ってなに?」




天日塩って何でしょうか?




精製塩、食卓塩と何が違うのでしょうか?




天日塩とは海水を天日干しした海の成分そのままのお塩のことです。

天日塩は98%が塩化ナトリウムで、残り2%がミネラルです。




精製塩、食卓塩は、天日塩を精製して作られたものです。

99%以上が塩化ナトリウムで出来ており、ミネラルがほとんど入っていません。

また、サラサラ具合を維持する目的や味をよくするためにアルミニウムなどの添加物が使われているものもあります。




塩化ナトリウムもミネラルの一種ですが精製されて純度を高くしたものはかえって体に悪さをします。




高血圧の原因は塩の取りすぎだと言われていますが、本当にそうなのでしょうか?

各種医療機関や広告で減塩を指導していますが、高血圧の患者は減るどころか増えて薬を飲み続ける人がたくさんいる状態です。




本当に減塩が高血圧をなくしてくれるのなら、患者さんが減るはずです。

私の周りにも血圧が高くて塩の取りすぎに気を付けている人が多いですし、実際に日本には約3000万人の高血圧患者さんがいる状態です。




ではなぜ、減塩で高血圧の患者さんが減らないのでしょう?




塩化ナトリウムだけのお塩は、

塩化ナトリウムを体の外に出してくれて、血圧の上昇を抑えてくれるミネラル「カリウム」が入っていないので高血圧につながっています。




天日塩にはカリウムが入っていますが、それ以外にも豊富なミネラルがバランスよく含まれていて、体の機能を整えてくれるよう働いてくれます。




代謝を整えたり

消化機能をUPさせ栄養の吸収を助けたり(この場合の栄養はカロリーではなくビタミン、ミネラル、たんぱく質などの体にとって大切な栄養のことです)

自律神経をや心の調子を整えたり(イライラや不安感、落ち着きのなさ、集中力が欠けてしまう、忍耐強くなくなる)

お肌の調子を整えたり

etc...




あなたの体の中でミネラルはたくさんのお仕事をこなしてくれている必要不可欠なヒーローなのです。




また、ミネラルが不足するとダイエットをしている人たちにはとても残念なことが起こります。

それは「よくお腹が空く」ことです。




身体はカロリーではなく、「栄養」が少なくなるとお腹が空くように出来ています。

けれど何の栄養が足りないかまでは私たちの体は教えてくれません。




体のために、とお野菜を積極的に摂っている人は多いと思います。

お野菜の中にはビタミン、ミネラルが入っていますが今のお野菜は昔に比べて栄養価が落ちていると言われています。

さらに今は汗をかきやすい時期です。

汗の中にはたくさんのミネラルが含まれていて、汗をかくことで体温を下げようとしてくれますが、同時にミネラルも体の外に出してしまうのです。







また残念なことに、ミネラルは体の中で作れないので食べ物から補う必要が出てきます。




なら、サプリメントがあるじゃない。

と思う人もいるでしょう。

サプリメントは単体もしくは2種類など少ない数のミネラルをいくつも買わなくてはいけませんし、なるべく自然から作られたミネラルサプリメントが手に入るといいですが安価な物は石油由来だったり、保存性を増したり、味や香りなどをつけるため余計な添加物が入っていることもあります。

添加物は身体にとって不要な物でミネラルなどを使いながら体の外に出そうと働きます。







サプリメントは成分がギュッと濃縮されているため、自分で考えて偏ることなく摂らないと体に良くないことが起きたりすることも考えられます。




では、どうしたらいいのか。




だから天日塩なんです。

血液の成分と海の水は構造が似ていると言われています。

天日塩は海の成分そのままのお塩です。




これを普段のお料理などに使えば、自然とミネラルをバランスよく体の中に取り入れることが出来ます。




良く聞かれるのが

「どのくらい天日塩は摂ったらいいですか?」

という質問です。




私はいつもお客様にこう答えています。

「美味しいなと思う程度です。」




人によってミネラルの過不足具合は違ってきます。

だから、毎日何グラムは摂るように。ではなく、美味しい!と思うくらいとってください。




先に書いたように、高血圧は血圧を下げる作用のあるカリウムが入っていないことで起こるので、血圧の心配をすることなく、美味しく味付けができるようになります。




天日塩は自然の力を借りながら手間ひまかけて作られるので、どうしても精製塩より少し割高です。




けれど、薬を毎日飲まないといけないリスク(作用副作用、両方あっての薬ということを忘れないで欲しいです。)

薬代は実質3割負担であり、残り7割は国が医療費を払っていてその借金は払えなければ子どもたちや孫たちへ引き継がれていってしまうことを考えると、

天日塩の方が割安であると私は考えるのです。







体のためにも、環境のためにも、将来の子どもたちが過ごしていくこの国のためにも・・・

天日塩をオススメします。







今日も最後までお読みくださり、ありがとうございます

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2016年07月04日