噛むこと していますか?

いつも えん のブログをお読みくださり、ありがとうございます♪









今回は  「 噛むこと していますか? 」




食べ物を消化するとき、2つの消化方法が人間には備わっています。





1つ目は機械的消化。

食物を細かくすりつぶし砕き、これに消化液を混ぜ、下方の消化管に移動させることです。




2つ目は化学的消化。

様々な消化酵素によって、食べ物のデンプン、脂質、蛋白質が、小腸で吸収しやすい小さなものにそれぞれ分解されるようにすることです。







食事をするときに大切なのが、 「良く 噛むこと」 です。

2つ目の化学的消化の負担を減らしてくれるからです。




よく噛むと食べ物が細かく、良くすりつぶされて、唾液もたくさん出ます。

唾液も消化酵素の一つでアミラーゼと呼ばれるものが含まれています。




他にも唾液には、




食べ物のを感じやすいように、味覚物質を溶かす作用

細菌の繁殖を抑える作用
唾液に含まれる抗菌物質による、粘膜を保護する作用
口の中の汚れを唾液によって洗い流しキレイに自浄作用

舌や口の中の粘膜を潤し、乾燥から保護する作用

脱灰により溶け出した歯を修復する作用

外から侵入する細菌やウィルスを体内に入る前に退治する役割り

口臭予防





などがあります。




他にも美容効果もあると言われています。




美肌・若返り

若返りホルモンがあると言われています。




ダイエット・小顔

よく噛むと満腹中枢が刺激され早くお腹がいっぱいだと感じると言われています。

よく噛むことで顔の筋肉も鍛えられ小顔効果も期待できます。




脳の活性化や、ストレス解消

咀嚼を繰り返すリズムがセロトニン神経を活性化させると言われています。




消化酵素の節約になる

ガンや免疫力アップにつながると言われています。







唾液1つでこれだけのことをしてくれます。

唾液はよく噛まないとたくさん出せません。

年齢を重ねると自然に唾液は少なくなります。




よく噛むと体や美容に嬉しいことがたくさん!!

いつも食べているものをよく噛むだけでいいんです。





小さなお子さんを持つ方は、よく噛むことがどのように大事なのか

子どもに分かりやすく伝えてみるのもいいですね。

リズムに乗せてもいいですね♪

そして自分も一緒にやっちゃいましょう♪

すると子ども一緒にやりたくなるものです。

親と一緒にやることで子どもも喜ぶでしょう。







ただいつもより よく噛む。

これだけで家族の絆まで深めることが出来るかもしれません♪




今日から「よく噛む」こと、始めていきましょう!





今日も最後までお読みくださり、有難うございます

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2016年09月13日