うつやめ

 

 

うつやめ

 

精神医学について調べていくと

精神科や心療内科、メンタルクリニックなどへ受診しても

治る可能性がとても低いことがわかってきました。

 

色々な角度から

治る可能性が低いということが説明できるのですが

その中でも特に簡単に分かる部分があります。

 

それは精神医学には

「治るということがない」ということ

 

これは私たちも見落としていました。

気が付かなかったともいえます。

ついつい忘れがちな部分です。

 

私たちも忘れていました。

というか

どう表現してよいか分かりませんが

薬を飲んだら治ると思っていた

そう思い込んでいました。

 

だから

受診して処方された薬を飲む

それでも調子がよくならなかったら

それを伝えて

薬を調節してもらう

そうすることで

いつか治ると

そう思い込んでいました。

 

ここが落とし穴です。

 

薬を飲んで治すのではなくて

精神医療が目指すのは寛解なのです。

調べていって最終的に基本に戻った形になりますが

私も妻も専門職として

習っていたのについつい忘れてしまう事実。

 

それでは寛解について

まずは一般的な認識から

 

一般的に風邪などで調子が悪いときに受診したら

診察をして薬をもらいますよね?

そしてその後治れば

薬は飲まなくなる。

 

これが一般的です。

 

でも寛解は違います。

薬を飲み続けることによって

症状を安定させるのが目標となります。

 

ということは?

 

ずっと薬を飲むことになって

そもそも精神科等にいっても

治ることはないということです。

 

「病気とうまくつきあいましょう」

「薬で安定していますね」

などなど

 

治らないからこうなるのです。

 

これをついつい忘れてしまいがちになるのです。

薬を飲めば治ると

そう思って薬を飲むけどよくならない・・・

 

この状態が続くわけです。

 

そして今なら

寛解なんてものは存在しないこともわかります。

 

私たちが思っている

薬を飲めば治るというイメージとは

かけ離れたことを

精神科ではめざしているのです。

 

ということで

そもそも目指すゴールが違っていることを

私たちは

調べたことによって知るのです。

 

そこからが私たちにとって

本当の戦いがはじまります。

 

医療に頼っていたら

治らない

それなら別の方法を試そう!

 

私たちが何をしていったかというと

根本問題を解決すること

 

根本問題???

それって何?

 

という話になりますが

おそらく受診した当初は

何かしらの理由があったはずです。

 

何かがあって落ち込んでいて困っていた。

もちろん自分自身では理由が分からない場合もあります。

それでも理由はある。

 

そんな人が受診して薬を飲む。

何か理由があってうつうつしている人が

薬を飲んで一時的に気分がよくなったとしても

元々の問題は解決されません。

 

例えば借金で困っていて

うつになったとします

それなら

借金を返済できればよいわけですが

薬で借金は減りません。

 

もちろん

もしかすると

借金を作ってしまう

その人の生き方にも問題があるのかもしれません。

 

このように何かの原因があって

今の状態がある。

 

その原因にアプローチしないと

薬を飲んでも何も解決しないのです。

 

というわけで

その原因にアプローチしていくわけです。

ただこの原因が曲者で

原因と思っていたことは

実はきっかけに過ぎないということもよくあります。

いずれにしても

原因を見つめる・・・

 

そこから私たちははじめました。

えんにご相談いただいた場合も

ここは重要視していきます。

とても大切なところです。

 

えんは医療機関ではありませんので

うつ病を治すことはできませんが

うつうつしている原因にアプローチしていきます。

 

自分の原因は○○だけど

そんなのは解決しようがないなんて

思わないでください。

 

同じ出来事が起こっても

その出来事を整理して

その人のとらえ方が変わるとその後の人生が変わることはあります。

 

本当の原因は

自分で思っているものと違う場合もよくあります。

 

もちろん変わるのは自分自身なので

ご相談いただいても結果が出ないこともありますが

最終的に自分を変えるかどうか

やるかやらないかは

自分次第

あなた次第

になりますので

私たちはそのお手伝いをさせていただく形となります。

 

というわけで

妻が変わる手伝いを

私がしていくことになるのですが

まず何からはじめたのか

長くなってきましたので

次回へ・・・

 

 

 

LINEにご登録いただいている方は

無料の個別相談をすることもできます。

相談してみたいという方はLINEからお気軽にお問い合わせください。

 

2018年10月05日