鎮痛剤とピルを手放した日

 

 

鎮痛剤とピルを手放した日

生理痛
生理前の心の不調克服専門家
看護師の井川あやかです。

私がまだ、
生理痛や生理前の心の不調を
抱えていたころ

鎮痛剤とピルには
とてもお世話になりました。

この薬がないと
重い生理痛と
生理前の心の不安定さで
日常生活が送れない状態でした。

しかし薬は
症状を抑えることはするけど
病気自体を治すことにはつながらないこと
リスクも大きいことを知りました。

まだ
私が皆さんにお伝えしているような
体作りの方法にたどり着く前。

私は、無謀にも
薬を全て手放そうと思ったのです。

なぜそんなことをしたのか?
というと

薬のリスクを知って
もう薬は飲みたくないと思ったからです。

今思うと、無謀なことをしたな
とは思いますが

結果的に
薬が必要ない状態になったので
全く後悔はしていません。



私が
重い生理痛でお世話になった
鎮痛剤は
様々な痛みを感じなくさせてくれます。

一時的にでも
痛みを取ってくれるので
楽になりますが

鎮痛剤は、
麻薬の親戚のようなものと言う医師や専門家もいて
飲み続けることで、鎮痛剤が効きにくくなる
心配もあるそうです。


鎮痛剤の正式な名前は
解熱鎮痛剤と言います。

解熱とは熱(体温)を下げることを言います。
体温が下がると、体は冷えます。

体が冷えることで
生理痛が
さらにツラくなる状態を
作る心配があるのが
鎮痛剤なのです。

鎮痛剤には
胃腸に大きな負担をかけたり
まれですがショックなどの重大な副作用もあります。

生理痛が重くてつらい場合は
鎮痛剤をずっと飲み続けるよりも
薬に頼らなくて良くなるような
体作りが必要だと思っています。


ピルは、
人工的に作られた
ホルモン剤です。

生理痛や生理前の気持ちの落ち込みなどを
コントロールする目的で
私はピルを服用していた時期がありましたが

副作用のリスクは大きいなと思いながら
服用していました。


ピルの怖い副作用には
ガンや血栓、不正出血などがあります。

他にも
憂うつ感
頭痛
気持ち悪さ
などを
感じる方がいるようです。


ピルは
人工的に作られたホルモン剤で
ピルを飲むことで
自分のホルモンを
出さなくて済むようになります。

しかし
ピルをやめると
本来、正常に働くはずの
自分のホルモンが出にくくなったり
バランスが崩れたり
生理がしばらく来なかったり
不妊やうつなどにつながりやすくなると警鐘を鳴らす
医師や専門家がいることを知りました。

ピルを飲んでいた当時は
ピルの副作用と自分の症状を天秤にかけて
怖いと思いながら
ピルを飲むことを選んでいました。

命に関わる
ガンや血栓のリスクのある
ピルは飲みたくないけれど
他に方法を知らなかったから
仕方なく飲んでいたという感じです。

でもピルも
鎮痛剤と同じで
症状は押さえてくれるけれど
根本的に治さないことを知りました。

薬は症状を抑えても治さないことを知って
どうしたら克服できるの?
という部分を調べていき

食事や心、ナプキンなど大切にすること
心の持ち方や心を楽にする方法
ナプキンについて知る事
などが克服につながることを知り

私は鎮痛剤もピルも
やめることに決めました。

自己責任で、
全ての薬を止めた私がどうなったか?

体作りもしないまま
無計画に薬をやめたので

ひどい生理痛に襲われ
生理前の気持ちの落ち込み、イライラなども
過去最高に酷いことになりました。

そんな中
「これが今の私の本当の体の状態なのか。」

「私の体と心は
これだけの痛みや不安定さを抱えていたんだ。」

「この酷い状態を感じなくさせる力を
お薬は持っているんだ。」

「克服するには、もっと知識や経験が必要だな。」

と思いました。

ここから私は
食事や栄養、食養生などについて
体作りや心を大切に扱うこと
ナプキンについて学び
できることから
1つずつ取り組んでいきました。


こうした日々を重ねていき
手術をしても再発した重い生理痛や
日常生活が送れないほどの、生理前の気持ちの落ち込み、
どうにもならない気分の変調が

月を追うごとに
少しずつですが確実に減っていきました。

薬に頼っても
どうにもならなかったことが
食事や習慣、心について学び
どうしたらいいのかを知り
日常生活に取り入れたことで
克服につながっていったのです。

克服した今
薬に頼らない体作りには

知識
食事
習慣


について知ることが大切だなと感じています。

それが克服につながっていると分かったからです。


薬は確かに症状を抑えてくれます。
一時的には、楽になるかもしれません。
すぐさま命に関わることなら、必要な場合もあります。

しかし

薬を飲み続け、いつまでたっても治らないなら
それは、ただ症状を感じなくさせて
抑えているだけなのです。


嫌だなと感じる症状は
何かが間違っているよ。
気づいてよ。

という、体や心からの
サインだったんだな
と感じました。


生理の悩みに振り回されず
自分らしく生きるには

知識、食事、習慣、心

が大切になってきます。

その中でも
私の習慣を大きく変えた
体と心を作る食事ですが

私が
どんなことに取り組んでいったのか。


次回へと続きます。

最後までお読みくださりありがとうございます。



LINE登録をしてくださった方へ
無料で個別相談を体験していただけます。

LINEのご登録についての詳細はこちらから

http://en-circle.info/line.html

2019年03月04日