体と心を作る食事

 

 

体と心を作る食事

生理痛
生理前の心の不調克服専門家
看護師の井川あやかです。

私は、
うつ
生理痛
生理前の心の不調
克服したい思いで
食事について学んだ時に

食事をするのにも
基本があることを知りました。

それは

1:体と心は自分が食べたもので作られる
2:生理痛や生理前の心の不調の克服に必要な栄養があり
今、多くの女性はそれが不足している
3:栄養不足につながる食事や習慣がある

ということです。

この中でも、特に大切なのが

3:栄養不足につながる食事や習慣
について知っていくのがいいということです。

それはなぜかと言うと

必要な栄養を取っても
栄養不足になる原因を
取り除いていかないと
せっかく取った栄養が
無駄になってしまうからです。


栄養不足につながる食事や習慣が
なにかというと

甘いもの
添加物
ストレスを抱えやすい考え方
などです。

私は
これを知ったとき
甘い物が大好きだったので
こんなのは難しすぎて無理かも
と思いました。

けれど
根本的な克服には
体を作る食事が欠かせないことも
知ったので

それが原因かもしれないなら
薬と一緒に
甘いものもやめてみよう一大決心して
砂糖などの甘味料を
一切使わない生活をスタートしました。

これと同時進行で
添加物にも気を付けていくようにもなりました。

始めのころは
煮物に砂糖が使えない事や

砂糖や添加物って
本当にいろんな所に入っているので
カレールーや中華の素
市販のドレッシングなども使えないと分かったときは
本当にショックでした。

でも
薬をやめて
薬がなくても
また、昔のように笑って自分らしく過ごしたい
という気持ちがあったおかげで

できない理由探しよりも
そうしたらできるかを考えていきました。

知らないこと、分からないことばかりで
手探りの状態でしたが
どうしたら美味しく砂糖なしでも料理ができるかを
毎日試していきました。

しばらくは
お料理の味がなんとなく物足りなく感じ
甘いものが欲しくて
甘いものが欲しい渇望感が強く出る日もありました。

調べていくと
なぜ甘いものが欲しくなるかも分かって
どんな方法がいいかも
分かるようになっていきました。

このころは
色々調べて
これいいかも!と思ったことを試して
というのを繰り返す日々を過ごしていました。

失敗したことや
結果につながらない方法もありましたが
検証しながらコツコツ続けていくとで
成功しやすい方法があることを知りました。

また料理でも
砂糖なし添加物なしで美味しく作れるコツが
少しずつ掴めるようになり
家族にも喜んでもらえるようになっていきました。

こうした日々を過ごしていき
私は心と体にある変化を感じました。

生理前にやってくる
イライラ、不安感、消えたい気持ち
自分を責める気持ち、など
心の不安定さが徐々に、和らいでいきました。

生理痛も、毎月和らいでいくのを感じ
月を経るごとに
楽になっていきました。

そして
今まで困っていた
寝ても取れなかった疲れが取れやすくなり
朝起きるのが苦手だったはずなのに
スッと起きられるようにもなりました。

お料理の味にも慣れてきて
砂糖なしでも
自然の甘さで満足できるようになりました。

しかし
たまにやってくる
甘い物に対する渇望感と
体の冷えが
なかなか解消されませんでした。

なぜそうなるのか
気になり調べていくと
そこには、
栄養不足が隠れていることを知りました。


ここから

栄養についてさらに学んでいき
生活の中に取り入れやすく工夫をしていきました。

少しすると
体の冷えや
甘い物に対する渇望感も減っていくようになりました。


栄養について学んだ時に
知ったのは

サプリメントやジュース、
栄養が含まれていると書かれた栄養補助食品よりも

自然の形をした食材から取った方が
結果的に効率がよいことを知りました。

自然な形をしている栄養は
サプリメントや健康補助食品などに含まれる
添加物なども入ってくることはないですし

体に負担が少なくバランスも取れていて
吸収がされやすい形になっているそうです。

人も自然の一部だと考えると
自然に寄り添いながら無理のない
体作りをしていくのが
体にも環境にもいいのでは?と
考えています。

そうして
さらに日々を積み重ねていくと
私にこんな変化が訪れました。

まずは、
子どもと一緒になって笑えるようになりました。
遊ぶことが楽しいと思えるようになりました。

そして
生理前の気持ちが、とても穏やかになり
楽しい、幸せ、自分は自分のままでいいと感じる時間が増え
自分が好きだな、心地いいなと思える時間を大切にできるようになり
休む時間も自分の大切な時間だと思えるようになりました。

頑張りどころは、頑張れるようになり
でも、体調を見て休むこともできるようになり
知らないうちに無理をすることが減っていきました。

あんなに酷かった生理痛は、
ほとんどなくなってしまいました。

自分が感じたことを、
そのまま受け止められるようにもなり
どんな自分でも、それが自分だと
自分自身を許せるようにもなりました。

食事で
こんなにも体も心も変わるんだと
実感でき
克服につながる自信にもつながった
出来事となりました。

こうして
食事の大切さが身に染みた私ですが
食事で落ち込んだ出来事もありました。

これは
食事の新たな面を知るきっかけにもなりました。

それについては
次回に続きます。

最後までお読みくださりありがとうございます。


LINE登録をしてくださった方へ
無料で個別相談を体験していただけます。

LINEのご登録についての詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2019年03月04日