私が生理用品を選ぶ理由

 

 

私が生理用品を選ぶ理由

私は、
布ナプキンを愛用しています。

実際に、布ナプキンに変えてみて
私が感じた変化は

・生理の時の嫌なにおいがなくなった
・生理の量が多かったのが減った
・生理痛が緩和された(これは食事や習慣も関係してると思います)
・経血がサラサラになった(これについても食事や習慣も関係してると思います)

などです。

布ナプキンは、
自分でナプキンを洗う手間がありますが
それ以上に自分の経血の状態を観察、確認できるところが
私がとても気に入っているところです。

私の場合でも
ご相談を受けた方の声を聞いても
不摂生が重なる時期は
洗ったときの経血の落ちが悪くなると
感じます。

ナプキン以外にも
食事や習慣について知識を持って
生活の中に取り入れていくことで
ネバっとした経血から
サラッとした経血になり
経血の落ちが良くなり
洗うのがとても楽になります。

市販のナプキンについては

石油由来の高分子吸収体という環境ホルモンの心配もある化学物質に加えて
ナプキン自体の漂白など
経皮毒について心配な点が
たくさんあると言われています。

高分子吸収体は、
おでこなどに貼る冷却ジェルシートと同じものともいわれています。
それをおまたに直接当てることから
女性にとって大切な子宮や卵巣を冷やしてしまう心配もあり
生理の悩みや冷えなどにつながると
言われることもあります。

また、石油由来と言う理由では
環境ホルモンの心配もあると言われています。

環境ホルモンとは、別の名で
内分泌かくらん物質と呼びます。

身体に大切な指令を出すホルモンを混乱させる働きがあるので
そのように呼ばれているのです。

できることなら、
避けていきたいものですね。

また、昔から
「女性の体に冷やしていいところはない」
と言われています。

特に
お腹周り(へそから下)は
子宮や卵巣、腎臓など
女性にとって大切な臓器があります。

特に生理の時は 
お腹を温めると楽になる人が多くいるように
冷やしてしまわないように気を付けましょう。

そういった意味でも
体を冷やすことなく
自分の体の状態も観察できる
布ナプキンを私は愛用しているのです。

しかし、
お仕事などの関係で
自由にトイレに行けない方もいると思います。

そういう場合は、高分子吸収体を使わない
安心な使い捨ての紙ナプキンもあるので
ご自身に合うものを探してみてください。

私は
安心な紙ナプキンを使ってみたことがあるんですが
私の肌には合わなかったので(おまたがすれて痛くて断念しました(*_*;)
布ナプキンを愛用しています。
付け心地も、今のところ布ナプキンに勝てる商品には
出会っていません。


個々で肌質も様々なので
布ナプキンだけにこだわらなくても
外出時は紙ナプキンに
家では布ナプキンに
と、使い分けなどしてもいいと思います。

ご自身でいろいろ試してみて
自分にあったもの、方法を探してみてくださいね♪

最後までお読みくださり、有難うございます♪

自然to笑顔まぁるくつなぐ えん
看護師の井川あやかでした♪

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2019年03月04日