人からのアドバイスに素直になれない

 

 

人からのアドバイスに素直になれない

 

人からのアドバイス

例えば

「そんなの大丈夫だよ」

「悪く考えすぎだよ」

「なんとかなるって」

「気にしすぎだよ」

などなど

なんでもよいのですが

そういったアドバイスを聞いたとき

 

「そう思えないの!」

っておもったことありませんか?

 

これはなぜでしょう?

 

相談したあなたは

そう思えないから相談した。

 

相談された人は

その状況だったら

「こうするよ」

とか

「こう思うよ」

というのを言ったのですが

 

そこには「ギャップ」があるのです。

 

その「ギャップ」を崖に例えてみましょう

崖の下にいるあなたは

崖の上にいる人に

相談しています。

 

「どうやって登ればよいの?」

 

崖の上にいる人は

その崖を数年、

もしかすると数十年前に

登りました。

そして今は崖の上にいて

意識せずに一歩ずつ登ってきたので

もうどうやって登ってきたのか

忘れてしまっています。

 

そこでどんな苦労をしたのか

どんな方法でその崖を登ったのか

そんなことも忘れてしまっているのです。

 

そうすると

「どうやって登ればよいの?」に

「え?登れるよ。大丈夫だよ」

「普通に登れば登れるよ」

などと答えることになるのです。

 

そこであなたがしつこく聞いたりすると

「努力が足りないんじゃない?」

「登ろうとすれば登れるよ」

「とりあえず登ってみたら?」

「根性があれば登れるよ」

「登れないのは甘えだ」

なんてなったりするのです。

 

この崖の登り方

もう意識しないで登れる人にとっては

なんで登れるのか

なんで登れないのか

わからないのです。

 

こんなことが起こるため

あなたは

人からのアドバイスには素直になれないかもしれないし

人に聞いても解決にならないと思うかもしれません。

 

これをなんとかするには

この部分を埋める作業が必要になります。

 

この崖

いきなり登ろうとすると

根性論になります。

 

それでも登ることができる方もいると思いますが

通常それは困難です。

 

ということは

ゆっくりと

そして

一歩ずつ

階段をつけながら

登っていくことになります。

 

それをサポートするのが

自然to笑顔まぁるくつなぐ えんの

相談(カウンセリング)でやっていることです。

 

だから

いきなり1回の相談で

「元氣になりました」

とはなりません。

 

それだと根性論になってしまうので

あなたが大変になってしまいます。

 

ゆっくりと

一歩ずつ

それがやがて大きな変化になります。

 

自然to笑顔まぁるくつなぐ えんの井川寛之でした

 

もし相談してみたいと思われた方は

LINEにご登録いただくと

無料の個別相談がご利用できますので

まずはLINEの個別相談を試してみてくださいね。

 

LINEについての詳細はこちら

http://en-circle.info/line.html

 

2019年03月11日