生理前の頭痛や体の痛み、体の冷え、倦怠感

 

 

生理前の頭痛や体の痛み、体の冷え、倦怠感

生理の悩みを解決する専門家
看護師の井川あやかです

このような場合
結構多いです。

頭痛がひどい場合は
戻してしまうこともあるほど
ツラいものですよね。

倦怠感は
本来の調子が戻るまでは
しんどさが続くので
気持ちも上がりにくくなる原因にも
つながりやすくなりますよね。

頭痛や
体の特定の場所の痛み
冷え
倦怠感

これらは
血液の巡りが
良くない状態が
隠れている場合があります。

そこで
血液の巡りを妨げる原因を
3つ紹介します。

1つ目は
血液がドロドロしたり汚れている場合。

これは
毎日の食事が関係している場合があります。

例えば
忙しくてつい
週に何度も
インスタントやファストフード
お惣菜やコンビニ弁当で
食事を済ませてしまったり

ジュースやスポーツ飲料などの甘い飲み物
冷たくておいしいアイスクリーム
お菓子や小麦製品、乳製品などを
口にする機会が多い場合などです。

少し不摂生が続ているな~と
心当たりがあり
生理の悩みや
生理前の頭痛や体の痛み、体の冷えなど
前より酷くなったな…
良くならないな…
と感じる場合は

まずは
できる範囲からでいいので
なるべく
自然な食事を意識してみてくださいね。


2つ目は
血液の全体量が少ない場合です。

東洋医学的に
川の流れと
血液の流れは
よく似ていると言われます。

川の水の量が十分にある場合は
水が滞りなく流れ
上流からの流木や枯れ葉、どこかで捨てられたゴミなども
下流に向かって流れやすくなり
川に住む魚にとって、心地いい環境が
保たれやすくなります。

反対に
川の水の量が少ない場合
水の流れは滞りやすくなるので
流木や枯れ葉、ゴミも流れにくく滞りやすくなり
川に住む魚にとって
心地いい環境が保たれにくくなります。

体の中もこれとよく似ていて
血液全体の量が十分な場合は
体の中の老廃物や血管の中の汚れなども運ばれやすく
血液がキレイに保たれやすくなります。

血液がキレイになれば
新たに栄養が運ばれても
老廃物などが邪魔することなく
十分な栄養を受け取ることができます。

しかし
血液の老廃物が多いと
老廃物が邪魔して
十分な栄養を受け取りにくくなります。

血液は、
あなたが食べたもので作られます。

きれいな血液を作り増やすには
まずは良い材料の確保から。

血液になりやすい
お肉やお魚などのたんぱく質
貧血予防にも良い食事
などがオススメです。

お肉やお魚も
できれば加工されていないものの方が
安心度は高いですよね。

また
いくらいいものを食べたとしても
腸の調子が整っていないと
スムーズに栄養を吸収しにくくなります。

腸の調子を整えるには
自然な食事を
できる範囲からでいいので
意識していきましょう。

女性は
毎月の生理や出産、授乳など
血液を失いやすい機会が多いので
気を付けたいですね。


3つ目は
ストレスを上手く対処できない場合です。

ストレスは
血液や栄養を消耗しやすいですし
血流を妨げる働きがあります。

ストレスを感じる場面は
色々あると思います。

人により感じ方も様々ですよね。

ストレスって
簡単に言ってしまえば
自分が「嫌だ」「心地よくない」と感じることです。

まず
なぜ自分はそれが嫌だと感じるのか
自分の本音を
しっかりと見つめていきましょう。

なぜ嫌だと感じるのか。

例えば
我慢ばかりで嫌だ
と思う場合は
なぜ我慢してしまうのかを
考えてみましょう。

そこで
我慢しないと嫌われる
と思った場合
本当に我慢をやめたら嫌われるのか
嫌われたら、なぜ困るのか
そもそも、嫌われるのは良くないことなのか
相手が嫌ってくることは、自分がコントロールできることなのか
を自分に聞いてみましょう。

このように丁寧に
心の中にある
引っ掛かっていることや
必要のない思い込みを
手放していくことで
ストレスは溜まりにくくなったり
手放せたりします。

ストレスは
仕方ないんだ
避けられないんだ
と思ってしまえば
ストレスの対処方法は
永遠に分からずに終わっていきます。

たくさんのことを
全部一気に解決しようと思うと
とても大変で挫折してしまう場合もあるので
1つずつ丁寧にクリアしていくことが大切です。

全てを自分一人で続けていくのは
なかなか大変です。

取り組んでも解決しない場合
もう嫌だ!という気持ちにもなって当然ですし
挫折しやすいものです。

そんな時は
誰かに相談してみるのも
1つの方法かもしれませんね☆

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2019年07月16日