自分を変えるのは難しい?

 

 

自分を変えるのは難しい?

生理の悩みを解決する専門家
看護師の井川あやかです

悪口を言われたり
責められたり
嫌味なことを言われたり
気持ちを分かってもらえなかったり…

こんな時
あなたはどう感じますか?

嫌なこと言わないで欲しいな…
出来れば関わり合いたくないけどそういうわけにもいかないし…
この気持ち分かってほしいのに…
そう思ったことってありませんか?

昔の私は
とても打たれ弱くて
嫌なことを言われたりしたら
メンタルどん底で数日は落ち込みモードに突入
場合によっては、数日たっても引きずる・・・・
こんな感じでした。

こういうことが
生理前に重なると
もう最悪。

いつまでも、いつまでも引きずるので
「私ってダメ…」
と自己肯定感は、下がっていく一方でした。

しかし
今は、誰かに嫌なことを言われても
引きずったり落ち込みすぎることはなくなりました。

なぜ、引きずらなくなったかと言うと
相手や周りが変わったからではなく
私自身の受け止め方が変わったからです。

起こった出来事は変えられませんが
受け止め方ひとつで
見方を変えることができると
知ったからです。

例えば
誰かに「バカ」と言われたとします。

突然、こんなことを言われたら
前の私なら真に受けて
「私ってバカなんだ・・・・」
と受け止めていたと思います。
しかし、
相手が「バカ」ということを
こちらはコントロールできません。

また
相手からの「バカ」という言葉を
受け取るか、受け取らないかの
選択をこちらは自由にできるのです。


コントロールできないことを
無理にコントロールしようとしても
上手くいきません。

だから
私にとって耳が痛くても
成長につながることは
しっかり聞きますが
私にとって必要のない悪意のある言葉は
受け取らないことにしたのです。


そのように変わったら…
必要以上に落ち込むこともなくなり
誰かに何か言われたらと、ビクビク過ごすこともなくなりました。

考え方を変えていく中で
上手くいかないこともありました。
この場合はどう考えたらいいんだろうと迷ったり
上手くいかなくてやっぱり自分には無理かも
と思ったりしたことも。

そんな私の背中を押して
解決につながる道を教えてくれたのが
精神保健福祉士の資格を持つ
主人の根本解決のためのカウンセリングでした。

おかげで
専門家に今の自分の状態を
客観的にみてもらうことができて
とてもよかったです。

カウンセリングを受ける前は
自分の心を客観的にみれなくて
手探り状態のまま
何をしたらいいのか分かりませんでした。

自分を客観的にみることができると
今の自分には何が必要で
どうしたらいいのかが
分かるようになって
行動しやすくなります。

自分のことを解決してからは
私は体のことだけではなく
心についてさまざまなことを学んで
今のカウンセリングに生かしています。

自分を変えることは難しいですが
人を変えることやコントロールすることは
相手の意思があり、もっと難しくなります。

それなら
自分が変わった方が楽だと思いませんか?

そして変わるなら
楽になるよう変わりたいですよね。

楽になる考え方
楽になる体作りに興味がある方は
個別相談を利用してみてください。

ご希望の場合は
「個別相談」とご返信くださいね☆


LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2019年08月21日