何を言われても申し訳なく思ってしまう

 

 

何を言われても申し訳なく思ってしまう

心の相談専門
精神保健福祉士の井川寛之です。

例えば
きつい言葉で言われたら

自分のせいだ

優しい言葉をかけられると

気を遣わせてしまった

何も言われないと

自分が悪いんだ

などなど

なんでも申し訳なく思う。
こんなことってありませんか?

これにも
原因があったりします。

こうなると
辛いですよね
追い詰められますよね
何もしたくなくなるけど
何もしないなら何もしないで
これまた申し訳なくなる・・・

原因は人それぞれではあるのですが
少し上の例を眺めてみてください
矢印の前後をよくみてください

そうすると
矢印の後の自分の中の思いは
勝手にそう自分が解釈したに過ぎないことが
わかると思います。

きつい言葉で言われたからといって
相手は「あなたが悪い」
とはいっていないかもしれません。
ただ単に機嫌が悪かっただけかもしれません。

優しい言葉をかけた人は
気をつかったわけではないかもしれません
本当にそう思っているのかもしれません。

何も言わないのは
おそらくあなたのせいではないでしょう
もしかすると
何か言わないといけないと思いながら
いうことが思いつかずに
困っているのかもしれません。

自分で思ったこと
自分が思っていることが
本当に本当に事実なのか
そこを探ってみてください。

そしたら
意外と楽になれると思います🤗


LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2019年09月04日