本当の原因とは?

 

 

本当の原因とは?

心の相談専門
精神保健福祉士の井川寛之です

原因ときっかけ
〇〇のせいが
きっかけなのは
わかりたくないかもしれませんが
なんとなくわかっていただけたとして

それでは
原因って何?
という話になります。

例えば受験

第一志望 不合格
第二志望 合格

となったとしましょう。

ここでどう思うか
1 第一志望がどうしても良いから浪人しよう
2 第二志望が受かったから第二志望に行こう
3 第二志望しか受からなかった・・・どうしよう、仕方がないから第二志望に行こうかな・・・
4 第二志望しか受からなかった・・・どうしよう、親が行けっていうから・・・
などなど
思うことは色々でしょう

1の方は
来年どうなるかによって今後が変わるかもしれません。

2の方は
おそらくこの件について悩むこともないでしょう

3の方は
ちょっと微妙です。
それでも自分で第二志望と決めたのなら問題ないかもしれません

4の方
4の方は自分で決めてない
例なので「親が・・・」としましたが
他にも
「世間体が・・・」
「本当は行きたくないけど・・・」
などなど

そうすると
4の方がどうなるかというと
第二志望の学校へ行っても
前向きに取り組めません

何かあると
「あの時・・・」
「第二志望しか入れなかったから・・・」
など色々考えてしまうのです。

何が言いたかったかというと
事実は1〜4の人みんな一緒です。
でも考えていることが
みんな違う
ここが問題なわけです。

だからこの例だと
4の方がいつも悩んでしまったり
不登校になったりした場合

きっかけは
「第一志望の学校が不合格だった」
原因が
「自分で決めないで第二志望への進学を決めた」
というわけです。

第一志望に行けなかった人が
全員不登校になったり
悩んだりするわけではないのです。

これが原因ときっかけです。
きっかけは変えられない事実であることが多いです。
事実は変えられませんが
それに対してどう思うかは
人それぞれです。
そこが原因となるわけです。

もっと詳しく聞いてみたい場合などは
個別相談をご利用ください。

個別相談は
LINEにご登録いただいて
「個別相談」とご返信ください。


LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2019年09月05日