他人の言葉や表情、行動に敏感に反応していませんか?

 

 

他人の言葉や表情、行動に敏感に反応していませんか?

心の相談専門
精神保健福祉士の井川寛之です

一言で言えば
他人が気になる

他人の言葉の一言一句
他人の表情
他人が何をしているか
どんな行動をとったか
などなど

そういったところに
敏感になっていませんか?

これは自己肯定感が低いときに
他人に過度に、敏感に反応してしまいます。

でもこれって
見方を変えれば
相手に配慮できたり
相手の気持ちを考えることができたり
空気を読むことができたり


人間関係をスムーズにするために
必要なことでもあります。

ただ
いくら必要な力だからといって
いつも他人のことを考えていては
自分を追い詰めたり
自分が辛くなってしまいます。

そこでどうするか
「やりたいことをやっても良い」
「嫌なものは嫌といって良い」
ということに対して
自分自身で自分に許可を出す。

では
どうやって許可を出したら良いか
今回は一つの方法をご紹介します。

「やりたいことをやっても良い」
「嫌なものは嫌といって良い」
「私は私、あなたはあなた」
というようなことを
毎日自分に言い聞かせる。

具体的には50回ぐらい
最低でも2週間程度はやると良いと思います。

で、これを続けていると
だんだん自分に出していた禁止令がとけてきて
許可を出せるようになってきます。
そうすると自己主張ができるようになります。

そこでどうなるか
今まで自己主張しなかった人が
自己主張するようになると
やっぱり周りも戸惑いますし
軋轢を生んだりすることもあります。

そこが踏ん張りどころです。
そこでやっぱり自分は
好きなことやっちゃいけないんだ
なんて考えて
戻ってしまう人もいますが

そこで踏ん張って
どうやったら自分の主張が叶えられるか
そこに注目してください

言い方なのかな?
いうタイミングなのかな?
誰に言えばいいのかな?
などなど

ここを乗り越えると
他人を気にせず
他人軸ではなくて
自分軸で生きられるようになりますよ🤗

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2019年09月11日