人はもともとネガティブ

 

 

人はもともとネガティブ

心の相談専門
精神保健福祉士の井川寛之です

私はネガティブだから・・・
いつも後ろ向きで・・・
マイナス思考で・・・
など
そんな方っていらっしゃいますよね

でもこれ
悪いことじゃないのです。

実は人間はその思考の
80%はネガティブなことを考えている
と言われています。

アメリカのある心理学の研究によると
人間は1日に6万回の思考を行なっていて
そのうち4万5千回はネガティブな思考になりがち
と言われています。

なんでこうなるのかって
わかりますか?

人間が超ポジティブで
ネガティブなことを考えないよ
という生き物なら
すでに絶滅しているでしょう

これをしたら失敗するんじゃないか
これをしたら死ぬんじゃないか
など
考えることでそれに備えているわけです。

例えば
細い細い壊れそうな吊橋を想像してみてください
それを渡るのって怖くないですか?

もしロープが切れたら
もし板が抜けたら
もし足を踏み外したら

そんなわけで
慎重に・・・
素早く・・・
そして集中して渡るわけです。

これをもし
「絶対壊れないし♪」
「俺は絶対大丈夫♪」
「飛び跳ねたって大丈夫♪」
とかいって
るんるん♪ってな感じで
渡ったとしたら?

大丈夫なこともあるかもしれませんが
足を踏み外したり
本当に橋が壊れたりして
落ちてしまうかもしれません。

ネガティブな思考や不安などは
そういった感情があるから
それに備えていられるわけで
自分を守るためのものでもあるわけです。

だ・か・ら
ネガティブも時には大切なのです。



LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2019年09月17日