生理のツラさを楽にしたいとき、1番始めにするといい事

 

 

生理のツラさを楽にしたいとき、1番始めにするといい事

生理のツラさを解決する専門家
看護師の井川あやかです

生理痛や
生理前のイライラや憂うつ感がツラい時

少しでも楽にならないかな?
と思って
きっと自分でも
どうしたらいいかな?
と、いろんなことを
調べてみたかもしれませんね。


生姜紅茶が体を温める
甘い物の取りすぎはよくないからドライフルーツの方がいい
魚を食べるといい
野菜や海藻類を食べよう
スーパーフードすごいよ
コーヒーよりハーブティー
運動はした方がいい
湯船に浸かるといい
足湯もいい
白湯を飲むといい
などなど

探せばいろんな情報が出てくると思います。

でも、その前に
ぜひとも、やって欲しいことがあるんです。

それは…
自分が毎日何を食べ
どのように生活をしているのかを
知ること!!

ここが本当に大事なんです!!

なぜかと言うと
少しでも楽になるために
いいものを取り入れようとすることは
確かに大切なことなんですが

その前に
生理のツラさの原因は、
毎日の習慣の積み重ねで
起こるものだったりするんです。

だからこそ
自分が生理のツラさを起こしやすい
食事や習慣を知らずに取り入れていないかを
知ることが大切なんですね。

というわけで
具体的に何をしたらいいかを
説明していきます☆

●自分が1日で何を食べているかを全てメモする
(自分が口にしているものを知る習慣をつける)

●食べ物の横に「炭水化物(糖質)、たんぱく質、脂質、ビタミンやミネラル」など書き、分けてみる
(何となくでいいので、全体が炭水化物に偏っていないか、バランスが取れているかを知る習慣をつける)

●1日の終わりにその日の行動を大まかに書きだす
(自分の行動を知る習慣をつける)
例えば…
6時起床
7時朝ごはん&弁当作り
8時子どもを保育所に預けに行く
9~12時仕事
12時昼ごはん&お菓子つまむ
13時~15時仕事
16時子供を迎えに行く
17時帰宅
18時夕飯
19時30分お風呂&夕飯の後片付け&子どもの寝かしつけ
21時~23時テレビタイム&スマホタイム&お菓子少しつまむ
など

自分の行動を視覚化することで
自分って人より頑張っていない
と思っていたけれど
実は、自分が思うよりも頑張っていたな
ということに気づくことができたり

この時間の使い方を変えれば
もう少し時間が作れるかも?

炭水化物や糖分を思ったより取っていたかも?
思っていたより食べ過ぎていたかも?
ちょっと気を付けようかな?

意外と遅くまで起きていたんだな。
もう少し早く寝てみよう。

ということに気づくことができたりなど
しやすくなります。

でも、それをしたから
次の日からすぐに変わるかといったら
残念ながら、そうはいかないです。

これまでのクセ、習慣の積み重ねが
今を作っているわけですから、

今日から
新しい習慣を少しずつ取り入れて
またそれを積み重ねていくことが
生理のツラさの解決には
大切になってきます。

目安としては
2~3ヵ月を目標にするといいかもしれません。

また
これを続けることで
ダイエットや便秘解消
お肌がきれいになったり
心に余裕がでてきやすくなったり
などにも、つながりやすくなるので
一石三鳥以上の期待ができるかもしれません。


生理のツラさ解決や
美容、ダイエット、健康には
まずは、
今の自分を知ることが
とても大切なので

自分が何を食べているのか
どんな生活を送っているのか
を振り返るためにも
記録することを
試してみてくださいね。


LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2019年11月19日