自分に合う 食べ物などの選び方

いつも えん のブログをお読みくださり、ありがとうございます♪









今回は  「 自分に合う 食べ物などの選び方 」




体にいい食べ物って探せばたくさんありますよね。
きっと 迷ってしまう方もいると思います。
けれど、その体にいいと言われている食べ物は
あの人には合うかもしれないけれど
自分には 合わないものもあることを 
覚えておいた方がいいでしょう。




どうしたら それが分かるのか。




とっても簡単なのは
1.においをかいでみて いい香りと感じるかどうか(香りがない場合は2へ)
2.食べてみて 美味しいと感じるかどうか




つまり自分の感覚が何よりも大切だということです。
きっと誰にでもあることだと思うのですが

例えば
私はナッツが好きで よく食べるのですが
たまに大好きなナッツが それほどおいしいと思えないことがあります。
きっと体が
「今はナッツはいらないよ」
と教えてくれているんでしょうね。




だから私はいつもより あまりおいしいと感じない
と思ったときは無理してたべません。




スーパーフードと呼ばれる食材も同じで
美味しいと思えば 食べればいいでしょうし
さして美味しくない と思えば無理してたべなくてもいいのです。




自分の感覚というのは とっても大切な体からのメッセージです。
この感覚を感じ取れるのは
他人では絶対に無理で
自分自身でしか受け取ることが出来ません。




ネットやテレビであれがいいと言っていたから
誰かからこれがいいと聞いたから
これだけの理由で
さして美味しいと思わないのに食べ続けるようなことは
しない方がいいでしょう。




この感覚は食べ物だけでなく
場所や人なども当てはまると思います。




無理して 一緒にいたくない人のところに いる必要はないし
その場所にいたいと思わないのなら 
気持ちのいい場所に移動したり お掃除や 模様替えしたり。







何れにしても
自分が気持ちいいかどうか感じ取れるのは
自分自身だけです。




心地いい
美味しい
楽しい
嬉しい
幸せ




と感じ取れる自分の感覚を
大切にしていきましょう。










今日も最後までお読みくださり、有難うございます

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2016年10月24日