レンコン の ココがすごい!? 

いつも えん のブログをお読みくださり、ありがとうございます♪









今回は  「 レンコン の ココがすごい!? 」




連なった根っこと書いて 「レンコン(蓮根)」と書きますが

実は レンコンは 蓮の地下茎が肥大したもので

根っこではないそうです。




茨城県の霞ケ浦がレンコンの有名どころですが

加賀レンコンや岩国レンコンの名も有名ですし

愛知県もレンコンの産地として知られています。




レンコンは穴が多数開いていて

向こう側が見えることから




「見通しが良い」




と縁起物としても扱われていることは

皆さんもご存知でしょう。




そんなレンコンですが

旬は 今の時期の 10~3月。

多くのパワーを秘めている食材と言われているというのです。




そのパワーとは??







1 : 疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に

良いと言われるビタミンCが豊富

 

ビタミンCは熱に弱い物が多いですが

レンコンのビタミンCは熱にも強いです。

レンコンのビタミンCはレモンの量にも匹敵するのだとか!?




2 : ムチンが豊富

粘りに成分ムチンは、胃壁の保護、たんぱく質の分解に作用する

胃腸の働きを助けてくれる他、滋養強壮もあるそうです。




3 : ミネラルが豊富

カリウムや鉄、銅、亜鉛を多く含んでいるそうです。




4 : 食物繊維が豊富

不溶性の食物繊維が豊富で

便通をよくする・大腸がんなどの予防も期待できるそうです。




5 ・ ポリフェノールの一種 タンニンが含まれている

レンコンを切って変色するのが早いのは

このタンニンがあるせいです。

アクの一種ですが

消炎や止血作用があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍に効果が期待できます。

民間療法では、おろし金を使って

鼻血や咳、ぜんそくの発作止めなどにも使われているそうです。







レンコンの保存方法

泥が付いたままのものは泥付きのまま表面を湿らせ、

濡らした新聞などに包んで冷暗所に置いておくとよいそうです。




切ったものはぴっちりラップをして

空気に触れないようにし

冷蔵庫保管でなるべく早めに使いきりましょう。







レンコンは

煮物やサラダ、汁物、常備菜など様々な料理に活躍する

使いやすい食材だと思います。

これからが旬に入りますので

いろんな食材とうまく組み合わせていけるといですね♪





今日も最後までお読みくださり、有難うございます

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2016年10月27日