夏バテ

今回は「夏バテ」




みなさん、7月に入ってからというもの、とても暑い日になったと思ったら

なぜだか今日は涼しいわという日もあったりしますね。




こんな気候だと、体調がついていかない方もいらっしゃるようで

健康相談をよく受けます。




なんだかバテてる・・・。

気候が良かったころの元気はどこへいってしまったの??

体がとにかくつらい・・・。




という方、汗をかいたことで体の外に出てしまった必要なミネラルが

不足している可能性があります。




ミネラルが不足すると




体が疲れやすい・取れにくい

イライラしやすい

集中力が欠ける

足がつりやすい

スッと眠れない




などが起こりやすくなります。




項目を見て思い当たる方は意識的にミネラルの補給をすることをオススメします。




ミネラルの補給で一番簡単な方法はコップで飲むお茶に天日塩を一つまみ程度入れるという方法です。

天日塩は海の成分そのまま。

海の成分は血液の成分とよく似ているので、足りない分を補うために補給してくださいね♪







一つまみ程度とあいまいに表現したのは、その人によってミネラルの不足具合が違うからです。




Aさんは、外で体を使うお仕事だとします。

Bさんは、冷房の効いた場所で一日デスクワークをするとします。




この二人、同じ時間働いてもこの時期なら汗のかき方が全く違ってきます。

汗のかき方が違えばミネラル喪失量も違ってくるので、当然補給しなくてはならない量も違ってきます。




こういう場合、汗をよくかく方は、飲み物に気持ち多めに天日塩を入れた方が

「美味しい」と感じながら飲めるでしょう。




実はこの

「美味しい」と感じる自分だけの感覚が大切になってくるのです。




「美味しい」と感じるということは身体がそれを欲しがっているということです。

他の人が美味しいと感じなくても、自分が美味しいと感じた量の天日塩を補うことが大切なのです。







そして、抑えておきたいポイントは

「天日塩を使うこと」




精製塩や食卓塩ではミネラルが入っていないので残念ながら意味がないのです。




夏バテでもう参ってしまっている

足がつりやすくなったなど先ほどの項目に当てはまる方は

ぜひ天日塩を「自分が美味しいと思う」程度摂るようにしてみてください♪




天日塩と精製塩については以前ブログで上げたものを参考にしてくださいね♪

天日塩についてはコチラ



健康は日頃の食から♪

食育という言葉は、子どものためだけにある言葉ではありません(*^-^*)

大人だからこそ必要なのです。

小さなころの病気は免疫力を付けるために必要になってきますが

大人になってからの病気は

小さな病気から大きな病気まで、

たまたま、運悪くなるものではありません。

日頃の食生活も深く関わってきます。




「人」を「良く」すると書いて「食」と書く通り

食を正しくすることで和らいだり楽になったりすることがたくさんあります。

健康を意識するような時代だからこそ、大人の食育を始めませんか?



今日も最後までお読みくださりありがとうございます

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2016年07月12日