女性の生理 と 毎日できること


いつも えん のブログをお読みくださり、ありがとうございます♪









今回は、 「 女性の生理 と 毎日できること 」




毎月来る 生理。




今の食や習慣に気づく前。

私は、毎月の生理が嫌で嫌でたまりませんでした。




生理だけでなく、生理痛、生理前症候群も嫌でした。

私はたまたま、重い体質なんだろう、くらいにしか考えていなかったので

鎮痛剤やピルを飲むのは当たり前の生活でした。

鎮痛剤にいたっては、大人の使用量では効かないほどだったので

使用量以上を飲んでいました。




そして、

生理って 本当にうっとおしい!!




そう思っていました。




しかし、食や習慣の大切さに気づいて

生理をうっとおしくしていたのは

私自身だと気づかされました。




砂糖などの甘い物を好んで口にして

油 や 質のいいお肉や魚 などのたんぱく質は、太るからと避けて

美味しくて手軽だからとファストフードや出来合いのものを食べて

これまた手軽だからと○○の素などを愛用し

夜更かしをバンバンにして

自分が勝手にためたストレスで勝手に怒って自己嫌悪して

市販のケミカルナプキンを使っていて、昼間も夜用タイプを手放せず




これが、私の生理をうっとおしくしていた原因でした。







砂糖などの甘いものは、体に炎症をおこします。

そして体も冷やします。

冷えが生理痛に良くないのはみなさんも知っている通りです。

だから、家から砂糖をなくし、お菓子を買うのもやめました。

みりん や はちみつ などの調味料も使わないことに決めました。




油は体の細胞を作ったり、ホルモンの材料になるなど

大切な役割を果たしています。

体のほとんどはタンパク質で出来ています。

質の良いたんぱく質、肉、卵、魚などを積極的に食べるようにしました。

質の良い油にも切り替えました。




ファストフードに健康を求める人はいないと思います。

化学調味料や保存料などがどうしてもたくさん入ってくる

○○の素も同じことです。

体作りは食や調味料から♪

こういうものを止めて、その代わり昔ながらの調味料に変えました。

具体的には、塩は天日塩へ

醤油は杉樽仕込みの昔ながらの醤油へ

お酢も同じように昔ながらのものへ

味噌は自分で作ってみました。

お肉やお魚にも気を付けて、

お野菜は自然農法に近い方のものを出来る限り買うようにしていきました。




夜更かしをやめて、早起き、早寝を実行。

早く起きておくと、その日早く眠気が来ます。

早く寝るためには、早く起きて日中よく活動するように意識するようにしました。




人から何か言われて、いちいち気にしていましたが

気にしてしまっても、本当は自分は何がしたいのか。

本当はどう思ったのかを大切にして

自分軸を太く、丈夫にするように意識しました。




ケミカルナプキンをやめて、布ナプキンに切り替えました。

経血の状態も自分でみれるので、オススメです。

過去記事:生理用品を見直そう







ということを、コツコツ続けていきました。

決意した日からは、ピルも鎮痛剤もやめました。




そして半年後。

生理痛や生理前症候群が緩和していました。




私がやったことは、薬をやめて

その代わりに、食や生活習慣、

考え方を変えた生活を始めたということだけです。




それなりの時間がかかって、今の体になっていますから

それ相応の時間はかかりますが、

体にも心にも優しくずっと続けられる方法だと思います。




全てが全て完全にできなくてもいいんです。

たまに、息抜きをしながら

少しずつ進んでいくことが大切です。




毎日の食事や習慣の積み重ねが

今のあなたを作ってきました。




だから

今日から、自分の体を作り変えていきませんか?




サポートなら、いつでもお任せください♪




今日も最後までお読みくださり、有難うございます

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2017年03月14日