オススメ図書の紹介♪断薬時や生き方に迷った時に手元に置いておきたい本のうちの1つ、『心の病に薬はいらない!』著者:内海 聡医師

 

 

オススメ図書の紹介♪断薬時や生き方に迷った時に手元に置いておきたい本のうちの1つ、『心の病に薬はいらない!』著者:内海 聡医師

この本は、私がうつの薬を止める時に大変お世話になった本です。

この本に出会っていなかったら、私は今だにうつの薬を止めれていなかったと思います。

ここから私の活動は始まり、今に至っていると言っても過言ではない本です。

後半部分は具体的な薬の止め方が書いてありますが、断薬したい方は、ここだけ読んでも薬をやめることは難しいと思います。

私が自力でうつの薬を止めれたのには、この本の前半部分を何度も読んだことが大きいと思います。

断薬中の苦しさに弱音を吐き、
周りに八つ当たりしそうになったり
自分でも何をどうしたらいいのかわからなくなったときに
この本の前半部分に書いてある

「精神科とはなにか?」

について自分自身が理解することで
断薬時の苦しい状況を何とか耐えれたんだと思います。

私も、うつなどの心の病には薬はいらないと感じています。
心が落ち込むというのは誰にでもあることで
時にはケガをするよりも、苦しく感じる事が長く続く人もいるでしょう。

それが続くということは、
自分自身と向き合えていないからです。

苦しいと思う時、自分の心は自分と向き合ってほしいと
訴えているときだそうです。

自分の中には、目を背けて見なかったことにしてしまいたいような

不安や恐怖心、焦る気持ち、イライラ感のほかに
醜く、ずるがしこく、計算高く、汚くて、嘘つきで、自分以外の他人を許せなくて
自分勝手で、人の話を聞こうとしない、
でも自分の話は聞いて欲しいし分かってほしい
他人に依存したい

こんな自分もいると思います。

けれど、そういう自分がいるという事実があるなら
認めてあげるといいと思います。

そこに、いいとか、悪いとか関係なしに
ただ、否定も肯定もせず

「自分はこういう気持ちだ」
「自分の中にはこういう自分もいる」

とただ、認めてあげるといいそうです。

すぐにその問題を解決できることは少ないですが
「自分を認めてあげる=自分を肯定する」
自己肯定感を育むことにつながります。

自分を好きになるってここから始まると思います。

断薬したい人、家族の断薬を真剣に考えている人
これから薬を飲もうと考えている人に
とてもオススメの本です。

今日も最後までお読みくださり有難うございます♪
自然to笑顔まぁるくつなぐ えん
看護師の井川あやかでした♪

 

過去の記事を再編集して転載

過去の記事はこちら

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

 

2017年07月26日