甘い食べ物は、ダイエットや美容、健康に欠かせない、酵素の無駄遣いをする酵素ドロボウだった

 

 

甘い食べ物は、ダイエットや美容、健康に欠かせない、酵素の無駄遣いをする酵素ドロボウだった

自然to笑顔まぁるくつなぐ えんのブログで
何度か甘いものについては書いて来ました。

酵素についてはこちら
http://en-circle.info/posts/post501.html

甘いものについてはこちら
(知らない間に陥っているかもしれない糖質依存)
http://en-circle.info/posts/post483.html

今回は
甘いものと酵素の関係について
お話をしていきたいと思います。

甘いお菓子などに使われているのが砂糖。

主に砂糖というのは、
2つの糖がくっついてできたものです。(ブドウ糖+果糖)

砂糖を消化をするには
この2つの糖を切り離さないといけないのですが…

とても厄介なことに
砂糖というのは
胃酸や酵素が働きかけても
なかなかこの2つを
切り離す事ができないのです。

それでも、この2つを切り離さないことには
消化ができないので
酵素は、
場合によっては数時間もかけて
必死になって消化をします。

1日に作られる酵素量は決まっています。
ここで、酵素が底尽きてしまうと
体内に砂糖が残ることになります。

お腹の中に残った砂糖は
腐敗菌や悪玉菌、ウィルス、ピロリ菌などの
絶好の餌になるというのです。
(いやはや、考えてみると怖いですね)

血液は、腸内で作られる説もあることから
未消化な砂糖が増えることで
全身をめぐる血液が汚れる原因にもなります。
(血液がキレイであることは、とても大切なことなんです)

また、活性酸素を発生させて
シミやシワなどの
老化を促進させる原因になるとも言われているのです。
(いつまでも美しくいたいというのは、きっと多くの人が思うことですよね)

酵素が、1日に作られる量は決まっています。

酵素は大きく分けて
消化酵素、代謝酵素とに分かれますが
消化酵素が優先して使われます。
消化酵素が足りなくなると
代謝酵素の分まで消化酵素として
使ってしまうのです。

また、酵素は、ビタミン、ミネラルがないと働けないので
酵素を体の中でたくさん使うということは
ビタミン、ミネラルもたくさん使ってしまうことにもつながるのです。

甘いお砂糖は、
ダイエットや美容、健康に欠かすことのできない酵素やビタミン、ミネラルを
根こそぎ盗んでいくこともある
怖いやつだということがわかりましたね。

日頃は、甘いお砂糖の入ったジュース類やお菓子は控えて
食べるなら
果物やふかしたサツマイモやカボチャに切り替えてみたり

お料理に砂糖を使う代わりに
昔ながらの作り方をした味醂に切り替えたり
切り干し大根やサツマイモ、カボチャなどを甘みの足しに使うなど

自分に合った方法で
砂糖を控えていくことは
不可能ではないと思います。

ダイエットや美容、健康のためにも
酵素の無駄遣いをしない食生活を心がけていきたいものですね♪

甘いものがやめたくてもやめられない方のためのコースを作りました。

甘いものをやめてみたい方は
ホームページをのぞいてみてくださいね♪
http://en-circle.info/custom1.html

今日も最後までお読みくださり有り難うございます♪
自然to笑顔まぁるくつなぐ えん
看護師の井川あやかでした♪

 

LINEにご登録していただくと特典が♪
詳細はこちらから
http://en-circle.info/line.html

2017年10月27日